応用生物科学科

教育研究上の目的

教育研究上の目的

生命体やそれを取り巻く環境について、基礎から応用まで広い分野の研究と教育を行なっている。近年、微生物・植物・動物のゲノム解析に基づく生命科学の生物産業への応用研究が社会から期待されており、この社会の要望に応えるようバイオサイエンスの専門的知識・技術を幅広く習得し、社会で実践的に活躍できる人材を養成する。

入学者受入れの方針

入学者受入れの方針

生物(植物・動物・微生物)とそれらに由来する生物資源や自然環境に強い関心を持ち、生命科学・環境科学・資源生産科学の勉学を通して自ら課題を見出し、それを解決するために積極性や創造性を発揮しようとする学習意欲の高い人、さらに広く国際社会の発展に寄与することに強い意欲を有する人を入学者として受け入れていくことを目標として定めている。

教育課程編成・実施の方針

本学科は動物、植物、微生物における様々な生命現象を遺伝子・分子・細胞・組織レベルで理解し、医療・食品・環境等の分野への応用を目指して基礎知識を学ぶと共に、学生実験を通して基本的な実験技術を身につけさせる。そのため、1年次には基礎学力を修得、1年次後半から3年次前半には週2日間の学生実験を通して実験技術を体得する。3年次後半には各研究室に配属し、卒業研究およびゼミナールを通して最先端な研究課題に取り組み、3年次前半までに得た知識と技術を活用できるカリキュラムを編成する。

学位授与の方針

本学科は、学科の教育研究上の目的に沿って設定した卒業要件を満たした者に学士(生物資源)の学位を授与する。
なお、学位を授与するためには、以下の2項目を修得することが求められる。

  1. ①生物を遺伝子・分子・細胞・組織レベルの幅広い視点から理解し、基礎知識を学ぶと共に基本的な実験技術を修得し、これを応用して社会に貢献できる能力を身につけていること。
  2. ②卒業研究により自ら課題を探求し、それを解決するための能力を有すると共に、幅広い教養を身につけていること。

資格取得

卒業後に取得可能な資格(専用の課程またはコースに進み,所定の単位を取得することによって与えられる資格です。)
  • 高等学校教員1種免許(理科) 、中学校教員1種免許(理科)
  • 食品衛生責任者
任用資格(一定の単位を取得して卒業した後、実務に就くことによって与えられる資格です。)
  • 学芸員
  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生監視員
  • 環境衛生監視員
  • 家庭用品衛生監視員
資格取得
受験資格
  • 化学分析技能士
  • 甲種危険物取扱者
免許・資格について
各学科の資格を一覧で見る場合は、免許・資格のページをご参照ください。

2016年度 卒業生の主な就職分野

主な就職先

武田薬品工業(株) / イーピーエス(株) / (株)ファンケル / 関東化學(株) / 中外製薬(株) / ヤンマーアグリジャパン(株) / 山崎製パン(株) / (株)スズケン / 科研製薬(株) / 埼玉県浦田市役所 / JA全農ミートフーズ(株) / 伊藤ハム(株) / シダックス(株) / イカリ消毒(株) / 伊那食品工業(株) / 中北薬品(株) / (株)神戸屋 / カネ美食品(株) / 生活協同組合ユーコープ /(学)鎌倉女学院

サイトマップ
PAGE TOP↑