くらしの生物学科

教育研究上の目的

教育研究上の目的

くらしの生物学科では、「生産・利用科学」「生命科学」「環境科学」の3つの分野を総合的かつ横断的に教授し、生物学に関する幅広い専門知識や技術を習得させるとともに、地域との協働をはじめとした実践的な教育を実施して、優れたコミュニケーション能力、マネジメント能力を修得させ、自ら判断し、安全で安心な生活や持続型社会の創造に積極的に貢献でききる生き抜く力を持った人材を養成する。

入学者受入れの方針

入学者受入れの方針

本学科では、都市生活にかかわる幅広い知識や技術を持つことで自ら正しい判断を行い、 安全で安心な生活や持続型社会の創造に参画できる賢い生活者を志す人材を養成する。そのために以下のような関心や志向を広く持ち、探求心が旺盛な者を求める。

  1. ①動植物の生態や飼育・栽培、自然環境に関心があり、豊かな自然や生物に囲まれた生活の創造を志している。
  2. ②生命科学に関心があり、生物機能の開発や利用など生物の持つ力を社会生活に活用したいと志している。
  3. ③食品や農産物の安全や安心、食材の特性に関心があり、食を通した健康的な生活の創造を志している。
  4. ④快適で安全・安心な環境づくりに関心があり、自ら行動し、より良いくらしの創造を志している。
  5. ⑤これからにふさわしい生活のあり方に関心を持ち、習得した知識や技術を用いて広く社会に貢献したいと志している。

教育課程編成・実施の方針

本学科では、豊かな生活を維持しつつ自然と共生した持続的な社会を築いていくことを目指す上で、積極的に行動できる人材の養成を目標にしている。そのために以下のような方針のもとに教育プログラムを編成する。

  1. ①総合的判断力の基礎となる知力を育成するために、都市生活にかかわる「都市と園芸」「住まいと環境」「動物のいるくらし」「くらしのバイオ」「食と健康」の5つの分野についての横断的な教育・研究を通して、専門的知識を修得できる教育プログラムとする。
  2. ②高等学校教育からの連続性に留意した導入教育を実施する。その上に広い視野と専門的思考力をもった人材を養成するため、くらしに関する基礎的な専門教育とそれを基としたより高度な知識や技術を修得できる専門教育を行う。
  3. ③多様な科学的知識のもとで生活に係わる各種の情報を自ら正しく判断し、積極的に行動することができる人材を養成するために、生活に密着した講義や樹林地・農地などのフィ一ルドを活用した実験・実習・演習を実施することにより、現実に即した専門的知識や技術を深化させる。
  4. ④地域社会での指導的な活躍ができるよう、その基礎となる課題発見・解決能力を養うとともに、社会の変化に際して自主的・積極的に対応できる能力をもった人材を養成するために、地域社会との連携や協働による対話を交えた実践型の教育を行う。
  5. ⑤修得した知識や技術を統合し、問題の解決と新たな価値の創造につなげていく能力や姿勢を育成するために、少人数による双方向授業やゼミナール、卒業研究を必修とし、丁寧な個別指導を行うとともに自学自習の姿勢を修得させる。

学位授与の方針

本学科では、学科の教育目標ならびに教育研究上の目的に沿って設定した卒業要件を満たした者に学士(生物資源学)の学位を授与する。なお、学士(生物資源学)の学位を授与するためには、本学科の卒業要件を満たすと同時に特に以下の3項目を修得することが必要である。

  1. ①豊かで持続的な社会生活を実現するためのくらしに関する幅広い科学的な知識と関連する技術を修得していること。
  2. ②ゼミナールや卒業研究を通して修得した知識や技術を用いて、課題を見つけ解決するための思考力を有すること。
  3. ③地域社会のリーダーとして積極的に活躍できる行動力や幅広い教養を身につけていること。

資格取得

卒業後に与えられる資格(専用の課程またはコースに進み,所定の単位を取得することによって与えられる資格です。)
  • 自然再生士補
任用資格(一定の単位を取得して卒業した後、実務に就くことによって与えられる資格です。)
  • 学芸員
資格取得
受験資格
  • 造園技能士
  • 園芸装飾技能士
  • ビオトープ管理士
  • 化学分析技能士
  • 甲種危険物取扱者
  • バイオ技術者認定試験(中級・上級)
サイトマップ
PAGE TOP↑