生命化学科

教育研究上の目的

教育研究上の目的

化学の知識と最新のバイオテクノロジーを駆使して、あらゆる生命体やその生命活動に関与する物質の機能を分子、細胞、個体レベルで研究している。そして、得られた知見を生命・食・環境にかかわるさまざまな問題の解決に応用し、持続的かつ豊かな社会の構築に貢献することを目標としている。同時に、洗練された特徴的なカリキュラムを構築し、上記の目標を達成することができる幅広い知識、専門性を有する人材を育成する。

入学者受入れの方針

入学者受入れの方針

生命化学科では、生命に対して強い好奇心をもち、生命・食・環境に関して自ら積極的に学び、考え、将来この分野の発展に貢献しようとする主体性のある学生の入学を希望する。具体的には、化学の知識とバイオテクノロジーを駆使して ① 動物・植物・微生物とその生命活動に関与する物質の構造と機能の解明、② 生命活動と食料生産を支える土壌環境の解析、③ 食品の開発と健康増進に必要な栄養と生体機能の解明、④ エネルギー生産と環境保全・修復への生物機能や生物資源の活用などに取り組み、健康で快適な人間社会の実現のために国際的な視野を持って活躍しようとする意識の高い学生を求めている。

教育課程編成・実施の方針

本学科では、『生命』、『食』、『環境』に関する知識とバイオテクノロジーを、講義・実験・演習を一体化した独創性の高いカリキュラムにより修得させる。特に、豊富な実験、実習科目により実践的な能力を身につけさせる。専門知識のみならず課題の発見と解決能力、コミュニケーション能、国際性、プレゼンテーション能力などの社会人基礎力を養成、修得させ、社会の幅広い分野で活躍できる人材を育成する。 
1年次では、生命倫理、基礎生物学、基礎化学などの総合教育科目を必修とし、生命化学概論、生命化学基礎実験、土壌科学、微生物学などの専門科目を学ぶ。
2、3年次では6つの専門実験科目を中心に、生物有機化学、分子生物学、動物生理学、植物生理学、発酵化学、食品化学、栄養化学、土壌生産化学、環境化学などの専門科目、最新の研究手法や実験技術を重点的かつ系統的に学習する生命化学実験法Ⅰ~Ⅳ、少人数制の専門語学系科目である専門基礎英語、専門英語Ⅰ、Ⅱを配置している。また、生命化学分野の第一線で活躍する研究者・技術者による講義と、国内外での研修を一体化した実践的な教育を展開する生命化学フィールド実習を開講している。
4年次では、研究室に所属し、3年次までに身につけた知識・技術を統合、集大成して「卒業研究」に取り組む。また、教員や大学院生との日常的なディスカッションを通して、食品、医薬、化粧品、分析、教育などの幅広い分野で活躍する高度な能力、技術および倫理性を有する人材を育成する。

学位授与の方針

本学科は、学科の教育上の目的に沿って設定した卒業要件を満たした者に学士(生物資源学)の学位を授与する。
なお、学位の授与に対しては、特に以下の2項目について修得して、一定の評価を得られなければならない。
① 動物・植物・微生物すべてにかかわる生命現象を理解し、関連する科学的な知識を修得していると認められること。また、これらの生命を育む土壌と食料、エネルギー資源の生産、生物機能の解析とその利用・応用、有用物質、機能性素材や食品の創製、物質代謝と栄養、生命を取り巻く環境の各分野に関する専門知識を有し、これらを統合、応用して社会に貢献できる能力を身に着けていると認められること。
② 卒業研究により、自ら課題を探求し、解決する能力を有するとともに、幅広い教養を身につけていると認められること。

資格取得

資格(卒業後もしくは在学中に取得可能な資格)
  • 高等学校教員1種免許(理科、農業)※1、中学校教員1種免許(理科)※1 (※1教職課程を履修し単位を取得する必要があります)
  • 自然再生士補※2 (※2卒業後に申請することにより取得できます。必要単位を取得していれば在学中でも申請できます)
  • 毒物劇物取扱責任者
  • 食品衛生責任者
任用資格(一定の単位を取得して卒業した後、実務に就くことによって与えられる資格です。)
  • 学芸員※3 (※3学芸員課程を履修し単位を取得する必要があります)
  • 食品衛生管理者※4
  • 食品衛生監視員※4 (※4食品衛生コースに登録し単位を取得する必要があります)
  • 環境衛生監視員
  • 家庭用品衛生監視員
  • 飼料製造管理者
資格取得
受験資格
  • 化学分析技能士
  • 甲種危険物取扱者 「化学」の単位を15単位以上修得することにより、受験資格が得られます。
免許・資格について
各学科の資格を一覧で見る場合は、免許・資格のページをご参照ください。

2016年度 卒業生の主な就職分野

主な就職先

森永乳業(株) / 小野薬品工業(株) / JA東日本くみあい飼料(株) / (株)新日本科学臨床薬理研究所 / ミヨシ油脂(株) / 雪印メグミルク(株) / (株)アイビー化粧品 / 一般財団法人日本食品分析センター / 一般財団法人食品環境検査協会 / 高田香料(株) / 関東化學(株) / 山崎製パン(株) / カバヤ食品(株) / グリーン長野農業(協) / 相模原市農業(協) / ヤマザキビスケット(株) / 横浜乳業(株) / 富士フィルムモノリス㈱ / 鴻池メディカル(株) / 大和食品工業(株)

サイトマップ
PAGE TOP↑