食品生命学科

教育研究上の目的

教育研究上の目的

新たな食品を創造する最先端の研究を展開し、基礎となる食品科学と生命科学とのかかわりを理解し、健康維持に役立ち、安全な食品を創造開発できる教育・研究を行う。また、食と生命に関する豊かな知識を持つ人材の養成に力を入れている。さらに、豊富な実験・実習を通じ実践的な知識を持ち、食品産業界を担っていく新しい知識と技術を兼ね備え、社会に貢献できる技術者、研究開発者を養成する。

入学者受入れの方針

入学者受入れの方針

本学科は、食品に強い関心と興味を持ち、食のおいしさ、食による健康、食の安全、食品製造時における環境配慮や食のグローバル化など食品をめぐる多様な課題について科学的な視点から探求し、さまざまな技術を積極的に活用して新しい食の開発・創成に自ら挑戦しようとする人材を求めている。特に、食品づくりを基盤として、食品科学の知識・技術を身に付けた実践的な技術者として社会に貢献することを目指す意欲ある人材を求めている。

教育課程編成・実施の方針

食と食品に関わる多様な技術的知識をもち、諸課題に対する解決能力を有する人材を育成することを目指している。そのため、食品科学の基礎を学び、その上に実践的な専門科目に取り組むことによって、基礎から応用まで多角的に修得できるカリキュラムを編成している。専門分野を基礎から学ぶ「食を知る」、食品づくりの実践的知識、技術を学ぶ「食をつくる」、および食の安全についての実学的知識を修得する「食をまもる」の食に関わる3つの知力を確実に育成する。さらに、専門性を高めるため、食品の成分やおいしさなどを化学の観点から学ぶ「フードケミストリー分野」、食品製造に関する実践的知識、技術を学ぶ「フードテクノロジー分野」、食の安全について幅広い知識を学ぶ「フードセーフティ分野」及び食品の機能や健康を生命科学の観点から学ぶ「フードファンクション分野」の4つの分野を設け、各自が目指す方向性に応じて、より専門的知識を深化させるよう科目を設定している。

学位授与の方針

本学科では、学科の教育目標に沿って設定した卒業要件を満たした者に学士(生物資源学)の学位を授与する。なお、学士(生物資源学)の学位を授与するためには、特に以下の2項目を習得していることが求められる。

  1. 1. 食品科学分野における幅広い知識及び技術を修得し、これを応用して社会に貢献できる能力
  2. を身に付けていること。
  3. 2. 食及び食品に関する諸課題を解決するために、自ら課題を設定し、解決法を見出すことが
  4. できる能力を身に付けているとともに、幅広い教養や高い倫理性を身に付けていること。

資格取得

卒業後に与えられる資格(専用の課程またはコースに進み,所定の単位を取得することによって与えられる資格です。)
  • 高等学校教員1種免許(理科)、中学校教員1種免許(理科)
  • 食品衛生責任者
任用資格(一定の単位を取得して卒業した後、実務に就くことによって与えられる資格です。)
  • 学芸員
  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生監視員
  • 環境衛生監視員
  • 家庭用品衛生監視員
資格取得
受験資格
  • 化学分析技能士
  • 甲種危険物取扱者
  • 栄養情報担当者
免許・資格について
各学科の資格を一覧で見る場合は、免許・資格のページをご参照ください。

2014年度 卒業生の主な就職分野

主な就職先

フジパングループ本社㈱/日本ハムファクトリー㈱/山崎製パン㈱/ヤマザキ・ナビスコ㈱/スターゼン㈱/一般財団法人日本食品分析センター/ケンコーマヨネーズ㈱/㈱なとり/㈱モスフードサービス/カネ美食品㈱/朋和産業㈱/アヲハタ㈱/キッコーマンソイフーズ㈱/㈱ローソン/一般財団法人日本清涼飲料検査協会/イカリ消毒㈱/㈱ニチレイフレッシュ/神奈川県教育委員会/東京都江戸川区役所/東京都台東区役所

サイトマップ
PAGE TOP↑