応用生命科学専攻

教育研究上の目的

(博士前期課程)
生命工学的手法による生物および生体機能の開発・応用と、環境に配慮した新たな生物資源の創製に関する基礎ならびに応用研究の手法・技術を指導し、当該分野における研究能力, または高度の専門性を要する職業等に必要な能力を有する人材を養成する。特に本課程では、生体分子科学、細胞生物科学、生体機能科学、分子生態科学の各分野に関わる講義と演習を行い、これらの専門分野の総合的学習による広い視野に立った学識を教授する。
(博士後期課程)
生体分子科学分野では生体分子の動態と生物学的機能、細胞生物科学分野では細胞機能の解明および遺伝子資源の継続的利用、生体機能科学分野では生体諸機能の発現と制御、分子生態科学分野では環境中における生物機能の解析、開発、利用に関する学識の教授と、研究を指導する。これにより各分野において自立して研究活動を行い、また高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力と豊かな学識を有する人材を養成する。

入学者受入れの方針

生命工学的な手法を用い、生物及び生体機能の開発・応用と環境に配慮した、新たな生物資源の創成を目的とする研究を行っており、求める人材は次のとおりである。

  1. ①博士前期課程
  2. (1)生命工学の基礎を身につけていて、それをさらに発展させたいと願っている人。
  3. (2)特定の課題を設定して、より深く追究する強い意志を持っている人。
  4. (3)研究の成果を社会に還元してひとびとの生活をより豊かにしようと努力する人。
  5. ②博士後期課程
  6. (1)世界的な視野にたって自己の研究を進め、その内容を外に向かってアピールできる人。
  7. (2)高度の技術を身につけ、関連の研究領域等において牽引力を発揮できる人。
  8. (3)未知の研究領域に踏み入れても挫けずに前進できる力量を備えている人。

教育課程編成・実施の方針

本専攻は、生体分子科学分野、細胞生物学分野、生体機能学分野及び分子生態学分野の4分野からなり、各分野にはさらに、分子生物学、細胞遺伝育種学、生体制御学そして資源生命工学の領域が含まれている。課程の学生は、いずれか1分野に所属して、その分野の特講と演習を前期と後期に履修する。加えて他分野の特講科目を1科目履修する必要がある。応用生命科学特別講義Ⅰと特別研究Ⅰは、指導教授の下で2年間に渡って受講し、成績判定及び成果の判定を受ける。全専攻に共通の生物資源科学特論Ⅰは必修であり当然履修する必要があるが、同特論Ⅱ(選択)も是非修得しておきたい科目である。いずれにしても、合計30単位を修得することが、最終的に実施される学位論文発表と論文審査への必要要件となる。

学位授与の方針

本専攻は、専攻の教育研究上の目的に沿って設定した修了要件を満たした者に修士又は博士(生物資源科学)の学位を授与する。具体的には、課程の単位を修得していることと、修士論文研究の成果が充実していて専攻が構成する論文審査会において“合” と判定されることが学位授与の条件となる。“合” の判定を得るには、博士前期課程においては、熱心な研究態度で内容が積み上げられており、全体としてその努力が評価されなければならない。これに対して、博士後期課程における“合” の判定には、内容の積み上げだけでなく、新規の発見が求められる。そのために学位申請者の論文が国内外の学術誌に、申請者を筆頭者として掲載又は受理されていることが条件として定められている。

サイトマップ
PAGE TOP↑