生物資源利用科学専攻

教育研究上の目的

(博士前期課程)
生物資源利用学、生物資源利用化学、微生物利用科学、食品科学の4分野から構成される生物資源利用に関する知識を教授する。また、生物資源の利用に関わる課題や生物資源を有効利用する技術の開発を研究課題として、広い視野から問題点を把握し、その解決の取り組みにあたって応用力を発揮しうる人材の育成を目指す。
(博士後期課程)
生物資源利用に関わる諸問題について各分野から総合的に捉えた講義と研究指導を行なう。生物資源を有効に利活用できる技術の開発を可能にする専門技術者と優れた研究能力と広い視野をもち、問題を把握し、応用力を発揮して解決できる有能な研究者を養成する。

入学者受入れの方針

生物資源利用科学専攻は、生物資源利用に関わる諸問題を地球環境に配慮して総合的にとらえ、生物資源を有効利用する手法の開発を行っており、求める人材は次のとおりである。

  1. ①博士前期課程
  2. (1)生物資源利用科学専攻で学んでいくための基礎となる科目を習得している人。
  3. (2)生物資源を有効利用する手法の基礎知識を身につけたいと強い熱意のある人。
  4. (3)主体的で生物資源利用に関わる諸問題に対して関心を持つ人。
  5. ②博士後期課程
  6. (1)生物資源を有効利用する手法の基礎知識を身につけている人。
  7. (2)生物資源利用に関わる諸問題と地球環境及びそれら関連性に深く関心を持つ人。
  8. (3)生物資源を有効利用する手法の開発や社会展開に関心を持つ人。

教育課程編成・実施の方針

本専攻は、生物資源利用科学にかかわる知識や技術等を習得させることを目指し、実験、ゼミなどにより生物資源利用学、生物資源利用化学、微生物利用科学、食品科学の各分野について学ぶ。具体的には、生物資源利用学分野では、動植物資源及び微生物資源の食料及び生活資源への有効利用、生物資源利用化学では、動植物資源に含まれる糖類やタンパク質などの特性や生理的役割、微生物利用科学分野では微生物資源の高度利用に関する基礎微生物学、食品科学分野では、食品成分の特性、食品の製造・加工技術、品の疾病予防機能などを学べるカリキュラムを編成する。

学位授与の方針

本専攻は、専攻の教育研究上の目的に沿って設定した修了要件を満たした者に修士又は博士(生物資源科学)の学位を授与する。
なお、学位を授与するためには、特に次の内容を修得することが求められる。

  1. ①生物資源利用学、生物資源利用化学、微生物利用科学、食品科学の各分野について、授業科目を履修して、基準となる単位数を修得し、課程を修了すること。
  2. ②生物資源利用学、生物資源利用化学、微生物利用科学、食品科学の各分野に関する幅広く深い知識を備え研究能力と専門性を有する職業を担う能力を身に付けていることを課程修了の基準とする。
サイトマップ
PAGE TOP↑