生物環境科学専攻

教育研究上の目的

(博士前期課程)
ストレス耐性科学、環境計画学、環境創造保全学、環境情報科学の4分野から構成される生物環境科学に関わる講義・演習を通して、専門分野の基礎・応用的手法・技術を習得させる。もって人類の環境との共生・保全に貢献することができるような研究能力、または高度な専門性を要する職業等に必要な能力を備えた有為な人材を育成する。
(博士後期課程)
生物環境科学に関する基礎的能力、すなわち環境を構成する自然的側面と人為的側面との関係を分析する知識・手法に基づき、環境に関わる情報・解析科学、シミュレ-ション、計画学さらには環境倫理学を含む総合的で高度な研究へと発展させる。また、豊かな学識と優れた研究能力と専門技術を備えるのみならず、国内外の環境との共生のための環境政策に関わる提言能力をも有する人材を育成する。

入学者受入れの方針

生物資環境科学専攻は、地球環境と共生し、生物と人間環境の共存関係を構築するために、生物学、生態学、環境科学、情報科学、工学、社会科学の融合により、生物と共存した人間居住環境、生産環境の創造と環境の修復保全再生技術の開発を目指し、求める人材は次のとおりである。

  1. ①博士前期課程
  2. (1)生物学、生態学に興味を持ち、実験、フィールド研究を熱心に行う人。
  3. (2)動植物の生育・生息環境に興味を持ち、その総合的で有用な活用に興味を持つ人。
  4. (3)環境と調和した建築、都市計画、緑地計画等の人間環境デザインに興味を持つ人。
  5. ②博士後期課程
  6. (1)生物学、生態学の実験、フィールドでの研究実績があり、高度化、総合化をめざす人。
  7. (2)動植物の生育・生息環境と活用の研究実績があり、その総合化、高度化をめざす人。
  8. (3)環境共生型の建築・都市・緑地の研究実績があり、その総合化、高度化をめざす人。

教育課程編成・実施の方針

本専攻は、生物学、生態学、環境科学、情報科学、工学、社会科学に関する基礎的知識を学び、さらにそれらの基礎的科学と技術を知を融合、総合化した知の融合デザインに関する知識や技能等を習得させることを目指します。室内実験、国内外での地域フィールド調査、適用技術の検証に関する継続的調査、研究室ゼミにより、地球温暖化等の地球環境的課題に対処し、動物行動学、動物の生態・生息環境の特性、建築・都市及び農村地域での環境調和型の居住・緑地環境、生産環境の創造及び劣化した環境の修復保全再生の知と技術を学べるカリキュラムを編成する。

学位授与の方針

本専攻は、専攻の教育研究上の目的に沿って設定した修了要件を満たした者に修士又は博士(生物資源科学)の学位を授与する。
なお、学位を授与するためには、特に次の内容を修得することが求められる(又は課程修了の基準とする)。

  1. ①修士
  2.  生物学、生態学、環境科学、情報科学、工学、社会科学に関する基礎的知識とその応用的知識と技術を修得
  3.  し、環境計画学、ストレス耐性科学、環境創造保全学、環境情報科学の各分野での知識と技術に関する授業
  4.  科目を履修し、学位論文を提出する。
  5. ②博士
  6.  地圏・水圏・気圏・生物圏・人間圏を含めた基礎的知識及び解析知識と技能を修得し、また、それらの知識
  7.  を基に融合化、総合デザイン化する能力を身につけ、環境計画学、ストレス耐性科学、環境創造保全学、
  8.  環境情報科学の各分野に関する幅広く深い知識を備え研究能力と専門性を有する職業を担う能力を身に付け
  9.  た後、学位論文を提出する。
サイトマップ
PAGE TOP↑