バラ園

バラ園

バラ園にあるバラ品種紹介

バラ園にあるバラ品種紹介

バラ園にあるバラ品種紹介のシリーズ化の経緯

生物資源科学部にはバラ園があり、例年開花時期になると学内外から多くの方々が来園され、鑑賞していただいています。当園には全部で200以上もの品種が展示されています。これらの品種について、私達が研究の主な手法として使用している遺伝子解析手法(ゲノムプロファイリング法)を用いたバラの系統解析を実施致しました。この実験過程で、小池未記さんが植物資源科学科(現生命農学科)在籍時から大学院博士前期課程の4年間にわたり、研究材料となるバラ園にあるすべてのバラ科植物(2013年当時で237品種)について、それらの特徴や形質の記載ならびに写真撮影を行うことで、解析実験と併行して材料のデータベース化を完了させることができました。
今回、これらの貴重なバラ品種の写真をシリーズとして学部ホームページに公開することになりましたが、多大なご尽力をいただいた小池未記さんに対して厚く御礼申し上げます。学部バラ園に展示してある多種多様なバラの写真をご覧になっていただき、バラの持つ魅力を少しでも感じていただけたら幸いです。
                          (生命農学科教授・岩野秀俊) 

利用案内
公開期間は5月上旬から7月下旬(最盛期は5月中旬)、10月中旬から11月中旬(最盛期は10月下旬)の2期です。

サイトマップ
PAGE TOP↑