• ホーム
  • ニュース
  • > 生命化学科 細野 崇 専任講師が令和元年度日本栄養・食糧学会奨励賞を受賞しました

生命化学科 細野 崇 専任講師が令和元年度日本栄養・食糧学会奨励賞を受賞しました

生命化学科 細野 崇 専任講師が令和元年度日本栄養・食糧学会奨励賞を受賞しました

生命化学科細野 崇 専任講師が令和元年度日本栄養・食糧学会・奨励賞を授与され、5月17日に静岡県静岡市で開催された同学会の第73回大会において受賞講演を行いました。

 

 hosono01

          (第73回 日本栄養・食糧学会大会)

 

hosono02

          (奨励賞を授与される細野専任講師

 

日本栄養・食糧学会は、わが国における学術の発展と国民の健康増進に寄与することを目的に、1947年に設立された学術団体で約4000名の会員が所属しています。奨励賞は、栄養科学または食糧科学に関する基礎的あるいは応用的研究を行い、将来の発展を期待し得る若手の研究者に授与される栄誉ある賞です。

 

 hosono4

         (受賞講演を行う細野専任講師

 

受賞題目

「スルフィド類をはじめとした食品因子の抗がん、抗アルツハイマー病作用に関する研究」

 

細野専任講師の所属する栄養生理化学研究室(生命化学科)では、日本人の主要な死亡原因であるがんや血栓性疾患、認知症と栄養に関する研究を行っています。

細野先生は、ニンニクやタマネギ由来の機能性成分による抗がん作用メカニズムを、アポトーシス(細胞の自殺)を中心に解明しました。

また、脳内炎症と認知機能の関連、食品因子の影響を明らかにしました。

今回の受賞はこれらの研究成果に加え、その社会的なインパクトが高く評価されたものと考えられます。

栄養生理化学研究室では、大学院生、学部学生、教員が一丸となってこれらの研究に取り組んでおり、今後のさらなる研究の展開が期待されております。

 

 

公益社団法人 日本栄養・食糧学会

http://www.jsnfs.or.jp/

 

栄養生理化学研究室

http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~eiyo/

生命化学科リンク

http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~cls/

サイトマップ
PAGE TOP↑