動物資源科学科 野口 美咲

バドミントンを通じて学んだ、チームで支え合う素晴らしさ

動物資源科学科 野口 美咲

バドミントンを通じて学んだ、
チームで支え合う素晴らしさ

動物園の飼育員になりたいという夢をめざして、この学科を選びました。

しかし、大学で学ぶうちに伴侶動物に興味を持つようになり、将来は税関の麻薬探知犬のハンドラーとして活躍したいと考えるようになりました。
そのため今は、大学の公務員講座を受けるなど、公務員試験に向けた勉強に頑張る毎日です。

ー 大学内の農場には動物もいっぱい

ー バドミントン部の練習風景

勉強以外ではバドミントン部の活動にも向上心を持って取り組んできました。大学デビューの初心者でしたが、週2回の練習には欠かさず参加。

3年生夏のシングルス大会では決勝に進出し、初心者のランクから1つアップすることが叶いました。チームでやるスポーツは初めてだったので、仲間と一緒に努力し、一緒に喜ぶことができる、その面白さに夢中になりました。