食品ビジネス学科 早勢 将弥

食の知識とサークルで培った企画力で、故郷をもっと元気に

食品ビジネス学科 早勢 将弥

食の知識とサークルで培った企画力で、
故郷をもっと元気に

高校の頃から学生を対象にした「とちぎアントレプレナー・コンテスト」というビジネスコンテストに参加し、4度入賞を果たしました。
そこから食品やビジネスに興味を持ち、両方学べるこの学科を志望しました。

大学では、仲間と企画をつくりあげる経験がしたくて、食品ビジネス学学術研究会というサークルに参加。

ー 学術研究会(Highers☆)のメンバーと

ー 学科の統計資料室で情報収集

学内で製造したソーセージでホットドッグ(藤沢ドッグ)を開発し学部祭で販売する、また鎌倉市内の食料品店とコラボし、地域の特産品によるレシピ開発に取り組むなど、積極的な活動を行っています。

将来はこうした経験や大学での学びを生かし、クリエイティブディレクターとして、地元栃木を活性化するような仕事に就きたいと考えています。