NEWS ニュース

その他ニュース 2021.03.15

令和3年度の前学期の授業について

学 生 様
御父母 様

 新型コロナウイルス感染症の影響により,令和2年度はオンデマンドによる授業が中心となりました。最近、ワクチンの接種が我が国におきましても開始されましたが、今後の見通は未だ不透明な状況にあり,学生の皆様,御父母の皆様には大変なご不便とご心配をお掛けしております。

 このような状況下におきましても,本学部では学生の皆様が充実したキャンパスで少しでも多くの時間を過ごし,学修していただけるよう日々検討を重ねております。しかしながら,令和3年度につきましても平常時と同様の授業の実施は不可能であると判断し,対面授業とオンデマンド授業を併用したハイブリッド型授業を導入する予定です。前学期は実験・実習・演習科目を中心に,対面授業を可能な限り実施する一方,「いつでも・どこでも」学習できるオンデマンド授業の長所を活用できる環境を提供することで,授業の理解度の向上も目指します。

 これまでにも,学生の皆様が安心してキャンパスで学修できるようにするための入構システム,空調の管理,講義室での感染防御対策などの強化,健康管理システムの導入やIT環境のさらなる整備を行ってまいりました。今後も学修環境の整備を進め,“Withコロナ”の先の“ポストコロナ”を見据えたスチューデント・ライフ向上計画を立てております。一方,前述のとおり,新型コロナウイルス感染症に対して見通しを立てることは難しく,今後,想定を超えるような事態になれば柔軟に計画を変更することも視野に入れております。

 令和3年度からは,十分な頻度とはならないものの生物資源科学部キャンパスに登校することが前提になります。新年度からの生活面等でのご準備が必要な方は,早めにご検討くださいますようお願いいたします。

 なお,今後も重要なご連絡やご案内は学部ポータルサイト(LiveCampus)を通じて発信する予定ですので,日常的な情報の確認をお願い申し上げます。

 4月から学生の皆さんとキャンパスでお会いできることを教職員一同楽しみにしております。

ページトップへ戻る