NEWS ニュース

イベント 2020.11.24

くらしの生物学科 住まいと環境研究室「江戸前ちば海苔チーム」が農林水産省の「第7回農山漁村の宝」で関東ブロックの優良事例に選出!

くらしの生物学科 住まいと環境研究室「江戸前ちば海苔チーム」農林水産省の「第7回農山漁村の宝」で関東ブロックの優良事例に選出されました。

 

 

 

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」は、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化、所得向上に取り組む優良な事例を選定し、全国に発信する内閣官房と農林水産省の事業です。

 

第7回目の今年は全国の企業等から約800件の応募があり、全国32事例の選出は逃しましたが、100件の応募があった関東ブロックにおいて優良事例8団体のひとつに選出され、農林水産省より表彰されることになりました!

 

■ディスカバー農山漁村の宝

https://www.discovermuranotakara.com

 

 

 

 

また、「江戸前ちば海苔チーム」は、同じく農林水産省の事業で国内最大級の食と農林漁業のイベントである「Japan Harvest」の「食と農林漁業大学生アワード2020」でも全国ファイナルに残っています。

日本一の学生チーム、そして農林水産大臣賞まであと一歩です。

最終審査は11月29日(日)13:30からYouTubeでライブ配信されますので、画面の前で是非、応援してください!

 

■食と農林漁業大学生アワード

https://irori-japan.com

■Japan Harvest 2020

https://japan-harvest.jp

 

 

 

 

2017年よりチームの学生達が引き継いできた活動が、少しずつ皆様に認めて頂けるようになりました。

特に今年のメンバーは新型コロナウイルスで制約を受ける中でも、できることを考え、前向きに頑張っています。

今後とも「江戸前ちば海苔チーム」をよろしくお願いします。

 

<関連URL>

■江戸前ちば海苔チームInstagram

Instagram.com/edomae_chibanori_project

■住まいと環境研究室Facebook

https://www.facebook.com/sumai.kankyou/

ページトップへ戻る