NEWS ニュース

イベント 2014.02.14

学芸員課程の学生さん必見! 博物館3階イベントホールで、ミニ展示「二酸化炭素を使用した害虫被害の防除」を行っています。 (予定2月28日頃まで(早く終了することがあります))

 博物館は,資料保存のため,様々な方法で資料へのストレスを減らさなければいけません。これは,資料を食害する昆虫を駆除する手法の一つで,対象の資料を集めた気密性の高いブースに 高濃度の二酸化炭素ガスを充填し,加害虫を殺す方法です。薬剤を使用する燻蒸(駆除目的で, 薬剤のガスにさらすこと)よりも,ずっと環境への負荷を小さくすることができます。一般に 見る機会のないものと思われますので,この機会にどうぞ!

ページトップへ戻る