NEWS ニュース

その他ニュース 2021.07.23

新型コロナウイルス感染症に係る注意喚起について

コロナが流行して2度目の夏となります。
自粛生活が長引いたことによるストレスに夏の開放的な気分が加わり、これまで以上に感染予防対策が疎かになってしまうことが考えられます。

皆さんご存知のとおり、感染力が強い変異株の感染者が増えてきております。
その対策については、これまでどおり、不要不急の外出自粛や「3つの密」を避けることで感染防止効果があるとされています。
夏休みを前に、今一度、基本的な感染予防対策の徹底をお願いいたします。

また、これまでの繰り返しになりますが、感染リスクが高まるのは、次の5つの場面です。

 1 飲酒を伴う懇親会等(飲み会)
 2 大人数や長時間に及ぶ飲食
 3 マスクなしでの会話
 4 狭い空間での共同生活
 5 居場所の切り替わり

特に、「大人数での飲み会」や「友達同士での旅行」は感染リスクが非常に高くなります。夏休みだから久々に友達と懇親会をしたい、感染者が少ない地域なら旅行をしても大丈夫だという気持ちは十分理解できますが、自分・家族や友人たちの健康を第一に考え、自粛するようお願いいたします。

夏休みに帰省を考えている学生も多いのではないでしょうか。
お住まいの都道府県が示している行動様式に則り、コロナ感染のリスクを下げる行動をとりましょう。

以上

ページトップへ戻る