NEWS ニュース

研究ニュース 2021.12.07

大学院 生物資源生産科学専攻・博士後期課程3年生の中村友紀さんが、令和3年度日本植物病理学会関東部会にて、学生優秀発表賞を受賞しました

日本大学大学院 生物資源生産科学専攻 博士後期課程3年生の中村友紀さん(指導教員 生命農学科 井村 喜之准教授)が、令和3年度日本植物病理学会関東部会にて、「キュウリVps4遺伝子の変異はウイルスの細胞間移行を抑制する」の題目で口頭発表し、学生優秀発表賞に選ばれ表彰されました。

動植物を問わず、ウイルスのみをターゲットとする有効な薬はないため、ウイルスが植物に感染すると早期に罹病株を除去し処分する以外に対策はない。
本研究はウイルスに強度な抵抗性を示すキュウリ系統を材料として、抵抗性のメカニズムを細胞レベル、遺伝子レベルで解析した。
抵抗性はキュウリの1つの遺伝子の変異に起因し、タンパク質の構造的変化によってウイルスの細胞間への移行が妨げられることが明らかとなった。
本成果は、ウイルス抵抗性品種の分子育種への応用が期待される。

学生優秀発表賞 賞状

生命農学科
https://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~agb/

日本大学大学院
https://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~gs/index.html

ページトップへ戻る