NEWS ニュース

研究ニュース 2022.02.15

食品ビジネス学科の学生がアグリカルチャーコンペティション2021で審査員特別賞を受賞しました

2021年11月28日に開催されたアグリカルチャーコンペティション2021(略してアグコン)で食品ビジネス学科の学生3チームが審査員特別賞を受賞しました。

実践的研究分野 審査員特別賞:

 

①日本大学生物資源科学部 多古町特産品開発プロジェクト・マネジメント

*写真撮影時のみマスクを外しています。

池之舞桜・児玉かりん・須藤万智・武藤あゆ
(食品企業組織論研究室・佐藤ゼミ2年)
日本大学生物資源科学部 多古町特産品開発プロジェクト・マネジメント
万能落花生のマーケティング・プラン-多古町観光まちづくり機構との連携事業化に向けて-

 

②日本大学生物資源科学部 茂木町イノベーション・マネジメントB

*写真撮影時のみマスクを外しています。

阿部結愛・川口翔太郎・町田奈緒・横溝花瑠夏
(食品企業組織論研究室・佐藤ゼミ3年)
日本大学生物資源科学部 茂木町イノベーション・マネジメントB
もてぎの魅力をもぎ取ったフルーツどら焼き-茂木町の地域活性化マーケティング・プラン-

 

③日本大学生物資源科学部 谷米温子ゼミナール

*写真撮影時のみマスクを外しています。

高橋幸啓・池田瑠花・光吉桃花・鈴木花音・日戸友里奈・井澤弥紀
(フードコーディネート研究室・谷米ゼミ3年)
日本大学生物資源科学部 谷米温子ゼミナール
地産地消×福祉サービス〜障がいのある方との協働の場を通じて地域活性化へ〜

 

アグコンは、日本の農業や食、地域、農業協同組合に関する調査研究を行い、その成果の発表をするプレゼンテーション大会で、JAグループの協賛で行われました。今年度は20大学が参加し、オンライン方式で実施されました。

食品ビジネス学科から、産業社会学研究室(川手ゼミ)、食品企業組織論研究室(佐藤ゼミ)、フードコーディネート研究室(谷米ゼミ)の全5チームが出場して、ゼミでの活動内容のプレゼンテーションを通じて、農や食に関する理解をさらに深める機会となりました。

感染症が収束せず、活動の機会が限られる中でしたが、授業で学んだことを実践する場として、それぞれの地域と連携して取り組みを進めました。学生の活動にご協力いただいた皆様の支援を受けた実践的な取り組みが評価されました。

 

アグリカルチャーコンペティション受賞チーム一覧

https://agri.ja-group.jp/agcom/info/information_post/602/

食品ビジネス学科

http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~fbs/

産業社会学研究室(川手ゼミ)

http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~fbs/seminar/kawate/

食品企業組織論研究室(佐藤ゼミ)

http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~fbs/seminar/sato/

フードコーディネート研究室(谷米ゼミ)

http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~fbs/seminar/tanigome/

ページトップへ戻る