NEWS ニュース

その他ニュース 2022.03.31

国際地域開発学科の飛田教授らが、米国科学アカデミー紀要PNASの最優秀論文賞を受賞

国際地域開発学科の飛田教授らが、米国科学アカデミー紀要PNASの最優秀論文賞を受賞(BNI強化コムギの研究)

国際農研(JIRCAS)と国際トウモロコシ・コムギ改良センター(CIMMYT)、バスク大学(スペイン)、日本大学生物資源科学部の共同研究で、米国科学アカデミー紀要(PNAS)に発表した論文が、2021年の最優秀論文賞(Cozzarelli Prize)を受賞しました。

本受賞は、応用生物・農業・環境科学の部門で、野生種の形質を導入することによって、少ない肥料で生産量を維持できる画期的なコムギの新品種を開発した点が高く評価されたものです。

             JIRCASのスバラオ主研とコムギの圃場で撮影(右が飛田教授)

飛田教授らは、日本での圃場試験に引き続き、新品種による窒素利用効率の改善を、インド等海外のコムギ栽培地帯で実証する調査研究を継続しています。

米国科学アカデミーのプレスリリース
http://www.nasonline.org/news-and-multimedia/news/pnas-cozzarelli-2021…

受賞論文のURLDOI: 
https://doi.org/10.1073/pnas.2106595118

国際地域開発学科
https://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~ids/

国際地域開発学科 国際協力研究室
https://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~ids/gakka/laboratory/kokusai_kyoryoku.html

ページトップへ戻る