教育目標

学生サポート

入学者受け入れの方針

学部の教育理念に基づき、生物(植物・動物・微生物)とそれらに由来する生物資源や自然環境に強い関心を持ち、生命科学、環境科学、生産・利用科学の勉学を通して自ら課題を見出し、それを解決するために積極性や創造性を発揮しようとする学習意欲の高い人、さらに広く国際社会の発展に寄与することに強い意欲を有する人を入学者として受け入れていくことを目標として定めている。

教育課程編成・実施の方針

生物(植物・動物・微生物)とそれらに由来する生物資源を対象として、生命科学、環境科学、生産・利用科学の3分野を基本に自然と生物との共生を図る人間活動も加えて、生物資源に関わる諸問題を多角的に学べるカリキュラムを編成している。特に、主要な講義科目には同じ学問体系の実験・実習・演習科目をセット配置した「総合的フィールドサイエンス教育」によって、座学で得られた知識を実験・実習で体験させることで、生きた知識と能力を育てることを目標としている。

学位授与の方針

本学部では、学部教育目標並びに各学科の教育研究上の目的に沿って設定した卒業要件を満たした者に学士(生物資源学)又は学士(獣医学)の学位を授与する。 なお、学士(生物資源学)又は学士(獣医学)の学位を授与するためには、特に以下の2項目を修得していることが求められる。

  1. 生命科学、環境科学、生産・利用科学の3分野を基軸とし、それらを取り巻く人間活動をも含めた生物資源科学に関する専門知識を持ち、これを応用して社会に貢献できる能力を身に付けていること。
  2. 学部教育の集大成となる「卒業研究(必修科目)」又は「卒業論文(必修科目)」により、自ら課題を見出し、それを解決するための能力を有するとともに、幅広い教養を身に付けていること。
サイトマップ
PAGE TOP↑