海外研修

海外研修

経済・社会のグローバリゼーションが進展する中で、あらゆる分野の学習においても、また将来どんな職業に就くにしても、 グローバルな視点を養うことが重要です。日本大学には多様な留学・研修制度が用意されていますが、本学部では独自の 海外研修制度を設けて、学生の教育研究をサポートしています。

海外留学プログラム等の概要について

海外留学プログラム等の概要については以下のリンクをご参照下さい。

海外留学プログラム等の概要について

Department of Plant Science and Resources

生命農学科

台湾

台湾

タイ

タイ

学外実習

農業生産、流通、販売あるいは、緑地計画・設計・施工等の現場で実習を行う。海外の大学でのカリキュラムによる実習等を履修。受け入れ先は、学科が定めた機関とする。生命農学科と関連を持つ実社会の場面での体験を通して、自らの職業感を養う。
※台湾やタイで行っています。

Department of Chemistry and Life Science

生命化学科

オーストラリア

オーストラリア

オーストラリア研修

日本国内では体験することのできない現地の産業に触れ,本学科で習得する幅広い知識が海外でも活かされていることを理解し,さらに国際性を養い見聞を広めます。

Department of Veterinary Medicine

獣医学科

アメリカ

アメリカ

夏期獣医臨床研修(米国)

日本では勉強する機会が少ない、馬医学、エキゾチックアニマル学、神経病や腫瘍の診断学と治療学について、ワシントン州立大学獣医学部動物病院にて米国獣医専門医でもある臨床教師陣から英語での講義を受けながら、患者とも対面し実際の診療も体験します。

台湾

台湾

中興大学研修

台湾国立中興大学との間で交換留学を行っています。中興大学では、心臓病学・内分泌学・泌尿器科・眼科・繁殖学・大動物実習・野生動物学等について、講義と実習を行います。特に動物病院での実習では、野生動物科での診療を通じてエキゾチックアニマルの診療の研修を行います。

Department of Food business

食品ビジネス学科

海外フードシステム研修

日本とつながりが深い国々に赴き、生産から消費に至るフードシステムや日本との関係を肌で感じつつ理解することを目的としています。
研修を通じ国際感覚を養うことも狙いです。
2017年度は台湾を対象に実施しました。

Department of Animal Science and Resources

動物資源科学科

オーストラリア

オーストラリア

オセアニア研修

隔年に実施するオセアニア研修。オーストラリア・クイーンズランド大学におけるセミナーを中心とした約2週間の畜産・野生動物・コンパニオンアニマルに関するセミナー、実習、施設見学です。

Department of Forest Science and Resources

森林資源科学科

森林海外実習

イギリスの森林の歴史、伝統木造建築の基本構造とデザイン、古民家および町並みの保存と再生に関する基礎知識を得た上で、森林資源をうまく活用し、長持ちさせ、美しく維持する実践的な視野を身につける。

Department of Bioenvironmental and Agricultural Engineering

生物環境工学科

アメリカ

アメリカ

生物環境工学科海外研修

研修では名門コーネル大学のモデルガーデンや農業関連施設での研修の他、イサカ市のファーマーズマーケット、環境と共生したエコロジカルな村での生活体験、エコ建築の研修、先端都市ニューヨークの博物館の研修も行っています。

Department of International Development Studies

国際地域開発学科

タンザニア

タンザニア

海外研修タンザニアコース

タンザニアの農村部に滞在し、アフリカ農村の実情について実地研修を行う。
ソコイネ農業大学では、参加型開発プロジェクトの講義及びディスカッションを通じて、「必要な援助や開発の在り方」や「アフリカと日本とのかかわり方」などについて学ぶ。

ボリビア

ボリビア

海外研修ボリビアコース

南米における最貧国の一つであるボリビア多民族国家の大規模農業方式と小規模零細農家の視察を通じて、同国の農業事情と南米における貧困の実態を理解する。
また、日系農家でのホームステイを通じて生活文化を体験する。





※海外研修:フィールドワークの企画立案、計画、実施、報告書を自ら構想し実施できる人材の育成を目標とする。

サイトマップ
PAGE TOP↑