生命農学科

教育研究上の目的

教育研究上の目的

食糧生産や緑地設計など、これまでの農学や造園系教育に加えて、植物に関する生命科学を取り入れた新分野の教育と先端的研究を行っている。特に、フィールドサイエンス教育を重視し、実践的な教育指導を行ない、栽培植物を対象にした遺伝子レベルから作物栽培に関する分野と自然や緑地環境計画に関する分野において優れた判断力と技術を有する人材を養成する。

入学者受入れの方針

入学者受入れの方針

栽培植物の収量と品質の改善、緑地植物による生活環境の改善を目的として資源植物の遺伝子レベルから個体・群落レベルにいたるまでの研究を行っている。これらの研究に携わるには、植物を自ら育て、観察する能力を養う必要がある。人間の命を支える植物の役割を理解しようとする人、植物と人間との関わりに強い関心をもてる人、そして、自ら考え、行動し、目標をもって努力できる人を求めている。

教育課程編成・実施の方針

農業及び植物関連産業と農学研究の中核となる優れた人材を育成するため、農学における植物生産科学分野及びその基盤となる植物生命科学分野と植物環境科学分野に関する学問と知識を習得させ、豊かな教養と広い視野、国際性を身につけるための教育を行う。1年次では専門領域への導入的な科目と生命農学実習によりキャリアデザインを促し、2・3年次では農学と植物生命科学、環境科学の知識、実習と実験により植物栽培技術と生命科学・農学的実験手法を習得する。高学年は研究室に分属し、課題研究に取り組みながら専門知識を深める。国際性をより積極的に身につけようとする学生には、海外大学との交流協定を利用した海外研修を勧める。農学の体系を充分に吸収することによって、思考の根幹となる一定の知識を体得するという完結した経験をもつ。

学位授与の方針

本学科は、学科の教育研究上の目的に沿って設定した卒業要件を満たした者に学士(生物資源学)の学位を授与する。
なお、学位を授与するためには、特に以下の3項目を修得することが求められる。

  1. ①植物生産科学、植物生命科学、植物環境科学のうちの一つの分野で「卒業研究」を通して一定の専門知識を持ち、活用することができる。
  2. ②植物資源科学の議論を通して自然と人間の関わりについて論理的に思考することができる。
  3. ③対話を根幹とした意思疎通の姿勢を効果的に発揮し、社会の変化に際しても自主的、創造的に対応できる能力をもつ。

資格取得

卒業後に取得可能な資格(専用の課程またはコースに進み,所定の単位を取得することによって与えられる資格です。)
  • 高等学校教員1 種免許(理科、農業) 、中学校教員1 種免許(理科)
  • 樹木医(補)
  • 自然再生士補
任用資格(一定の単位を取得して卒業した後、実務に就くことによって与えられる資格です。)
  • 学芸員
  • 環境衛生監視員
資格取得
受験資格
  • 造園施工管理技士
  • 造園技能士
  • 園芸装飾技能士
  • ビオトープ管理士
免許・資格について
各学科の資格を一覧で見る場合は、免許・資格のページをご参照ください。

2016年度 卒業生の主な就職分野

主な就職先

カネコ種苗(株) / ヤンマーアグリジャパン(株) / (株)小田急ランドフローラ / イカリ消毒(株) / キッコーマンソイフーズ(株) / JA全農青果センター(株) / 横浜乳業(株) / トキタ種苗(株) / (株)日比谷アメニス / 横浜植木(株) / JFE環境(株) / パシフィックゴルフマネージメント(株) / 全農物流(株) / 水戸農業(協) / 東京セキスイハイム(株) / (株)神戸屋 / (株)エーコープ関東 / (株)千葉銀行 / 神奈川県教育委員会 / 静岡県庁

サイトマップ
PAGE TOP↑