動物資源科学科

教育研究上の目的

教育研究上の目的

動物が有する種々の能力及び機能に関する研究と教育を推進し、それらを応用して人類社会のために貢献することを目的としている。この目的を達成するために、学科の教育・研究の分野を動物生命科学、動物生産科学、動物環境科学及びそれらの学際領域としている。この教育・研究をとおして、多様化する社会の幅広い分野においても対応し得る応用力と思考力を有した人材を養成する。

入学者受入れの方針

入学者受入れの方針

家畜、実験動物、伴侶動物、展示動物、野生動物などを対象に、「動物のことを知り、利用し、守る」ことを、動物生命科学、動物生産科学、動物資源利用科学、動物環境科学、動物資源経済学の各分野のバランスの取れた教育・研究体制の下で総合的に学び、探究することで、人と動物のよりよい共生・共存関係の実現のために、広い視野で活躍する意欲をもつ人材を求めている。

教育課程編成・実施の方針

本学科は、家畜、実験動物、伴侶動物、展示動物、野生動物などの動物に関する総合的な知識を習得させることを目指し、授業及び学外実習やインターンシップを含めた実習、実験、演習などにより、動物の生命科学、生産科学、資源利用科学、環境科学、資源経済学の各分野をバランスよく学べるカリキュラムを編成する。

学位授与の方針

本学科は、学科の教育研究上の目的に沿って設定した卒業要件を満たした者に学士(生物資源学)の学位を授与する。
なお、学位を授与するためには、特に以下の2項目を修得することが求められる。

  1. ①動物の生命科学、生産科学、資源利用科学、環境科学、資源経済学の分野に関する専門知識を有し、これを応用して社会に貢献できる能力を身につけていること。
  2. ②卒業研究等により、自ら課題を探究し、それを解決するための能力を有するとともに、幅広い教養を身につけていること。

資格取得

卒業後に与えられる資格(専用の課程またはコースに進み,所定の単位を取得することによって与えられる資格です。)
  • 高等学校教員1 種免許(理科、農業) 、中学校教員1種免許(理科)
  • 家畜人工授精師
  • 食品衛生責任者
  • 全国乗馬倶楽部振興協会技能認定5・4級
  • 酪農教育ファームファシリテーター
任用資格(一定の単位を取得して卒業した後、実務に就くことによって与えられる資格です。)
  • 学芸員
  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生監視員
  • 飼料製造管理者
  • 環境衛生監視員
  • 家庭用品衛生監視員
資格取得
免許・資格について
各学科の資格を一覧で見る場合は、免許・資格のページをご参照ください。

2014年度 卒業生の主な就職分野

主な就職先

(社)家畜改良事業団/公益財団法人東京動物園協会/全国農業(協組連)/全国酪農業(協組連)/森永乳業㈱/日本配合飼料㈱/協同飼料㈱/㈲ブライトピック/㈲ファム・エイ/㈱江ノ島マリンコーポレーション/㈱アーク/㈲まかいの牧場/日清丸紅飼料㈱/㈲瑞穂農場/日本ペットフード㈱/㈱東京めいらく/ペットライン㈱/神奈川県教育委員会/㈱秋葉牧場/㈲保田動物病院

サイトマップ
PAGE TOP↑