食品ビジネス学科

教育研究上の目的

教育研究上の目的

「食料資源・環境」「食品産業」「食文化・食品科学」の3本柱で構成されるカリキュラムにより、農場から食卓までの食の流れ=フードシステムを学び、実践的に「食」を創造し新しい「食」の未来を追求する。経済学・経営学・社会学などの社会科学の科目を基礎としながら「文理融合」の要素も取り入れ、少人数教育と現場重視の学びにより、日常的な「食」に関わる問題から地球規模での問題まで「食」にかかわるさまざまな課題を深く掘り下げ、「食」をプロデュースする人材の育成を目標とする。

入学者受入れの方針

入学者受入れの方針

私たちの生活と密接に関連する「食」の世界について、食料・食品の生産、食品の企画開発、加工、流通、マーケテイング、食の安全、食ビジネスの起業、調理、消費、食生活、食の文化的側面、ホスピタリティーなどの視点から「食」に関する諸問題に積極的に取り組み、将来、食品ビジネスの世界において新たな食の創造や食の可能性を追求する意欲に富んだ人を求めている。

教育課程編成・実施の方針

本学科は食品産業、食料資源・環境、多様な食ビジネスの世界、実践的な食の創造・資格取得に関する知識の習得を目指し、「食の流れ」の全般について社会科学の科目を中心に食品ビジネス基礎演習、食品ビジネス演習Ⅰ・Ⅱによる少人数ゼミや農業・食料生産から調理までのフィールドリサーチ、食料生産実習、調理学実習、フードコーディネート実習、食物学実験などの幅広い実習科目による実学を通じて、多面的に学べるカリキュラムを編成する。

学位授与の方針

本学科は、学科の教育研究上の目的に沿って設定した卒業要件を満たした者を学士(生物資源学)の学位を授与する。
なお、本学科で学位を取得するためには、特に以下の2項目を習得することが求められる。

  1. ①食料・食品の問題を考え、食ビジネスの分野に関する専門知識を有し、これを応用して社会に貢献できる能力を身につけていること。
  2. ②卒業研究により、自らの課題を探求し、それを解決するための能力を有するとともに、幅広い教養を身につけていること。

資格取得

卒業後に取得可能な資格(専用の課程またはコースに進み,所定の単位を取得することによって与えられる資格です。)
  • 高等学校教員1種免許(公民、農業) 、中学校教員1種免許(社会)
  • フードコーディネーター
  • 食の6次産業化プロデューサー
  • 社会調査士
任用資格(一定の単位を取得して卒業した後、実務に就くことによって与えられる資格です。)
  • 学芸員
資格取得
受験資格
  • フードスペシャリスト
  • 専門フードスペシャリスト
免許・資格について
各学科の資格を一覧で見る場合は、免許・資格のページをご参照ください。

2016年度 卒業生の主な就職分野

主な就職先

(株)ブルボン / (株)mizkan / (株)ヤクルト本社 / (株)紀文食品 / (株)桃屋 / プリマハム(株) / サンヨー食品(株) / (株)なとり / ニコニコのり(株) / (株)ドトールコーヒー / 三井食品(株) / (株)成城石井 / 全日本食品(株) / ホクレン農業(協組連) / 横浜農業(協) / 東都生活協同組合 / 日本中央競馬会 / 日本郵便(株) / 東日本旅客鉄道(株) / 神奈川県藤沢市役所

サイトマップ
PAGE TOP↑