海洋生物資源科学科

教育研究上の目的

教育研究上の目的

海洋生物資源の持続的かつ有効な維持管理を図るとともに効率的な生産及び利用に関連する生命科学、資源生産学並びに環境科学分野の知識を広く修める教育に重点を置いている。すなわち、幅広い教養と社会全体を見渡せる総合的判断力と、海洋生物環境の保全と人類の豊かな生活の調和を創造でき、かつ国際的にも通用する人材を養成する。

入学者受入れの方針

入学者受入れの方針

海洋生物資源に興味を持ち、優れた資質を有する学生を積極的に受け入れている。具体的には幅広い教養と社会全体を見渡せる総合的判断力をもち、海洋生物資源の永続的な維持を図るとともに、効率的な生産および利用に関連する「生命科学」、「資源生産・利用科学」および「環境科学」各分野の知識を広く修め、海洋生物環境の保全と人類の豊かな生活の調和を創造でき、かつ国際的にも通用する人材となることを目指す学生を求めている。

教育課程編成・実施の方針

本学科では多様な専門教育科目を体系的に配置するとともに、3年次より海洋生物資源科学の専門技術者としての知識、技術、人間性を高めることを目標とする「海洋生物資源応用コース」と、海洋生物資源科学を基盤として、他学部・他学科を含む広い分野の科目を履修し、それらに特化した専門技術者を育成する「海洋生物資源広域コース」の2コース制を設定している。フィールドから分子レベルに至る教育と研究を通して、優れた技術を備えた人間性豊かな人材の養成を目指すカリキュラムを編成している。

学位授与の方針

本学科は、学科の教育研究上の目的に沿って設定した卒業要件を満たした者に学士(生物資源学)の学位を授与する。
なお、学位を授与するためには、特に以下の2項目を修得することが求められる。

  1. ①「生命科学」分野として無脊椎動物学、魚類学および生化学を、「資源生産・利用科学」分野として水族育成学、増殖環境学、漁業生産システム学および水産利用学を、「環境科学」分野として海洋環境学を、さらに3分野を総合した海洋生物資源科学概論および海洋基礎実習Ⅰ・Ⅱを必修とし、各分野に関する専門知識を有し、これを応用して社会に貢献できる能力を身につけていること。
  2. ②海洋生物資源科学演習Ⅰ・Ⅱ、海洋生物資源科学実習Ⅰ・Ⅱおよび卒業研究により、自ら課題を探求し、それを解決するための能力を有するとともに、幅広い教養を身につけていること。

資格取得

卒業後に取得可能な資格(専用の課程またはコースに進み,所定の単位を取得することによって与えられる資格です。)
  • 高等学校教員1種免許(理科、水産)、中学校教員1種免許(理科)
  • 食品衛生責任者
  • 修習技術者(JABEE)
任用資格(一定の単位を取得して卒業した後、実務に就くことによって与えられる資格です。)
  • 学芸員
  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生監視員
  • 飼料製造管理者
  • 環境衛生監視員
  • 家庭用品衛生監視員
資格取得
免許・資格について
各学科の資格を一覧で見る場合は、免許・資格のページをご参照ください。

2016年度 卒業生の主な就職分野

主な就職先

東京都教育委員会 / 神奈川県教育委員会 / 静岡県教育委員会 / (株)京急油壺マリンパーク / マルハニチロ(株) / ニチモウ(株) / 全国共済水産業協同組合連合会 / 一般財団法人公園財団 / 一般財団法人日本食品分析センター / 日本医科大学付属病院 / (株)伊藤園 / (株)日本水族舘 / 横浜冷凍(株) / 中島水産(株) / 佐政水産(株) / (株)マルイチ産商 / 新日本環境調査(株) / 一般財団法人新日本検定協会 / 中北薬品(株) / 栃木県大田原市役所

サイトマップ
PAGE TOP↑