獣医学科

教育研究上の目的

教育研究上の目的

獣医学は、動物医療を根幹として、動物の健康維持・増進を図るとともに、ヒトの健康と福祉に貢献することを目的としている。その達成のために、生命活動のメカニズムの探求や疾病の診断・治療・予防はもとより、公衆衛生、野生動物の保護及び環境保全など幅広い領域に対し、社会のニーズに応えることができる知識と技術を有した獣医師を養成する。

入学者受入れの方針

入学者受入れの方針

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー:AP)

  1.  獣医学科では,動物の健康維持・増進・福祉を図るとともに,人の健康と福祉に携わり,地域社会及び国際社会に貢献できる獣医師の育成に力を注いでおり,次のような人材を求めている。
  2. ① 日本大学の自主創造の理念を理解し,自ら切り拓こうと努力する人
  3. ② 生命に対する強い関心と高い倫理観を持った人
  4. ③ 強い目的意識を持って獣医学の習得に努力する人
  5. ④ 将来にわたって研鑽に努め本学で学んだ成果を社会に還元しようとする志を持つ人

教育課程編成・実施の方針

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー:CP)

  1.  獣医学科では,獣医学に必要な教科を基礎獣医学,病態獣医学,応用獣医学,臨床獣医学の4系に分類し,それぞれの講義と実習を通して,獣医師に必要な高度な専門知識を段階的に習得させることを目指す。各授業科目の学修方法,学修過程,学修成果の評価の方法,評価基準をシラバスに明示し,学生に周知する。学修成果の評価に関しては,実施する授業形態に即し,適正かつ厳格な方法で実施する。
  2. ①初等年次では,獣医師に必要な高度生物学である基礎獣医学として,動物の体の構造・機能,病原体及び病気の特徴を学ぶ。
  3. ②中等年次では,病態・臨床獣医学として,動物にかかわる疾病の診断・治療・予防,そして社会に貢献する応用獣医学として動物感染症学,動物衛生学,人獣共通感染症学,食品衛生学等について学ぶ。
  4. ③高等年次では,動物病院や付属農場での臨床実習や社会で活躍する獣医師の現場を実際に見学・体験することにより,獣医師に求められる実践力や現場力の基礎を身につける。
  5. ④4年次からは研究室に所属し,論理的でエビデンスベースな研究の進め方を学び,卒業論文もしくは臨床研究に取り組む。
  6. ⑤獣医師の資質をより高めるため,エキゾチックアニマル学,応用免疫学,再生医療学など興味深い選択科目を自主的に習得することができる。

学位授与の方針

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー:DP)

  1.  獣医学科では,「日本大学教育憲章」に基づき「日本大学マインド」と「自主創造」の能力を身につけるとともに,学科の教育研究上の目的に沿って設定された卒業要件を満たした者に学士(獣医学)の学位を授与する。
  2.  なお,学位を授与するためには,特に以下の項目に適うことが求められる。
  3. ①獣医師として豊かな知識・教養を基に倫理観を高めることができる。
  4. ②獣医学に関する専門知識及び技術を有し,将来にわたってそれらを研鑽することができる。
  5. ③獣医師として自ら課題を探求して果敢に挑戦するとともにその解決策を提案することができる。
  6. ④獣医師として新たな疾病の診断や治療に対応できる能力を有している。
  7. ⑤獣医師として様々な分野と協働・連携し,社会に貢献する姿勢を持ち続けることができる。

資格取得

卒業後に与えられる資格(専用の課程またはコースに進み,所定の単位を取得することによって与えられる資格です。)
  • 高等学校教員1種免許(理科)、中学校教員1種免許(理科)
  • 家畜人工授精師
  • 食品衛生責任者
任用資格(一定の単位を取得して卒業した後、実務に就くことによって与えられる資格です。)
  • 学芸員
  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生監視員
  • 飼料製造管理者
  • 薬事監視員
  • 環境衛生監視員
  • と畜検査員
  • 狂犬病予防員
  • 家庭用品衛生監視員
  • 種畜検査委員
資格取得
受験資格
  • 獣医師
免許・資格について
各学科の資格を一覧で見る場合は、免許・資格のページをご参照ください。

2014年度 卒業生の主な就職分野

主な就職先

農林水産省/東京都庁/埼玉県庁/千葉県庁/北海道庁/神奈川県横浜市役所/神奈川県川崎市役所/日本大学家畜病院/愛媛県農業共済組合連合会/釧路地区農業共済組合/日清丸紅飼料㈱/協和発酵バイオ㈱/全薬工業㈱/田辺三菱製薬㈱/アストラゼネカ㈱/ユニ・チャーム㈱/イオンペット㈱/アニコム損害保険㈱/㈱JPR/㈱赤坂動物病院

サイトマップ
PAGE TOP↑