生物資源科学研究科

教育研究上の目的

教育研究上の目的

優れた研究者と高度の専門技術者の育成に主眼を置き、充実した教育研究指導体制の下で、基礎科学を応用領域にまで発展し得る力量を備えた人材を養成する。特に新しい産業構造・社会の変化に迅速に対応出来る総合的な知識と創造性豊かな人材、また国際的視野で新しい科学・技術上の問題を総合的に解決出来る見識豊かな人材などの養成を教育・研究指導の目的とする。

入学者受入れの方針

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

  1.  生物資源科学研究科は,日本大学教育憲章と教育理念である「自主創造」に基づき,生物資源の生産と利用に関する科学,生命科学,環境科学の各分野の学識や技術を駆使して,社会に貢献する人材を育てたいと考えている。本研究科では,充実した教育研究指導体制の下,基礎科学を応用領域にまで発展させる力量と,社会に対する責任感と高い倫理性を備え,人間活動が自然との共生に適っているかを常に吟味できる人材の育成を目指す。この目的のため,研究活動を支える十分な基礎学力と教養を備えており,自ら課題を設定して積極的に研究に取り組む意欲があり,独創性を重視しつつ多様な価値を受容し尊重する人を,国内外から広く受け入れる。特に,博士後期課程では研究者や高度な専門技術者を目指す人を受け入れる。

教育課程編成・実施の方針

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. 1 博士前期課程
  2. ① 研究者や技術者としての素養を磨かせるため,地球史,科学史,倫理,統計などに関する講義,及び既成の専門領域の境界にとらわれない専攻横断型の講義を研究科の共通教育として開講する。
  3. ② 各専攻が独自に編成する講義と演習により,専門領域における基盤から先端までの知識や技能を修得させる。その際,複数の教員が担当するオムニバス形式を積極的に活用することで,幅広い視野に立って自己の研究を位置づける能力を養わせる。
  4. ③ プレゼンテーションやコミュニケーションの能力を伸ばすため,学会等での成果発表や,産学連携・域学連携プロジェクトへの参加を支援する。
  5. 2 博士後期課程
  6. ① 独創性の高い研究と学位論文の作成を通して課題を発掘し,それを解決する方法,論理的に思考し説明する方法,科学者・技術者としての倫理を修得させる。
  7. ② 研究の成果について,国内外の学会や研究集会での発表や学術雑誌への論文投稿を支援することを通して,プレゼンテーションやコミュニケーションの能力を磨かせる。
  8. ③ 学外研究者との共同作業や産学連携プロジェクト,域学連携活動への参加を支援し,主体性をもって多様な専門家と恊働することの大切さやその魅力について学ばせる。

学位授与の方針

修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

  1. 1 博士前期課程
  2. ① 本研究科に所定の期間在籍し,教育目標に沿った研究指導を受け,所定の単位数を修得するとともに,研究科が開催する発表会を経て提出された修士論文の審査に合格した者に,修士(生物資源科学)の学位を与える。
  3. ② 次の要求事項を満たしていることを,課程修了の目安とする。
  4. 「生物資源科学の理解」
  5.  生物資源の生産・利用・経済に関する科学と,それらの基盤である生命・環境に関する科学が,一体となって社会で果たす役割について十分に理解し,説明することができること。
  6. 「専門性と倫理性」
  7.  高い専門性を要する職に就くための知識や技術を修得するとともに高い倫理性を身につけており,専門領域の研究者や技術者との議論と協働を通して社会に貢献することができること。
  8. 「発信力」
  9.  関連する分野の研究者に対して,自身の研究成果とその独創性を説明するためのプレゼンテーションとコミュニケーションの能力を身につけていること。
  10. 2 博士後期課程
  11. ① 本研究科に所定の期間在籍し,教育目標に沿った研究指導を受け,所定の単位数を修得するとともに,研究科が開催する発表会を経て提出された博士論文の審査及び最終試験に合格した者に,博士(生物資源科学)又は博士(学術)の学位を与える。
  12. ② 次の要求事項を満たしていることを,課程修了の目安とする。
  13. 「専門性」
  14.  専門領域における深い学識と高度な技能を修得しており,研究者や専門家,またサイエンスコミュニケーションにおけるファシリテーターとして,自立して活動することができること。
  15. 「人間性」
  16.  論理的な手法により物事の本質を洞察し,社会に対する強い責任感と高い倫理性をもって自身の研究を見つめ,研究の目的や成果が人間と自然の共生に適っているかを理解していること。
  17. 「指導力」
  18.  研究の成果を,自身とは異なる専門領域のコミュニティーや市民に向けて発信することができ,また多様なコミュニケーション能力を活用することにより国内外や異文化圏でリーダーシップを発揮して活動できること。
サイトマップ
PAGE TOP↑