生物資源科学研究科

教育研究上の目的

教育研究上の目的

優れた研究者と高度の専門技術者の育成に主眼を置き、充実した教育研究指導体制の下で、基礎科学を応用領域にまで発展し得る力量を備えた人材を養成する。特に新しい産業構造・社会の変化に迅速に対応出来る総合的な知識と創造性豊かな人材、また国際的視野で新しい科学・技術上の問題を総合的に解決出来る見識豊かな人材などの養成を教育・研究指導の目的とする。

入学者受入れの方針

優れた研究者と高度の専門技術者の育成に主眼を置き、充実した教育研究指導体制の下で、基礎科学を応用領域にまで発展し得る力量を備えた人材を育成する。特に新しい産業構造・社会の変化に迅速に対応できる総合的な知識と創造性豊かな人材、また国際的視野で新しい科学・技術上の問題を総合的に解決できる見識豊かな人材などの養成を目指す。そのために、自ら課題を設定して探求するための十分な基礎学力を備えており、専門分野で積極的な研究を行う意欲を持った人を国内外から広く受け入れたいと願っている。

教育課程編成・実施の方針

  1. 1.博士前期課程
  2. (1)学士課程での教育によって得た成果を発展させ、生物資源科学に関する幅広く深い知識を涵養するとともに、本研究科の多様な学術的研究を背景とした基盤的かつ先端的な専門知識や技能を修得させ、また各専門分野において必要とされる知識と技術を備えた人材を育成するため、複数の教員が講義や演習にあたるオムニバス形式を基礎としたカリキュラムで構成する。
  3. (2)過度の専門化に陥ることなく、幅広い視野から自己の研究を位置づけることができるよう、既成の専門分野にとらわれない分野横断的なカリキュラムを編成・実施する。
  4. 2.博士後期課程
  5. (1)本研究科の多様な学術的研究を背景とした基盤的かつ先端的な専門知識や技能を修得させ、また国際的に活躍できる自立した研究者の養成や各専門分野において必要とされる知識と技術並びにそれを統合する能力を備えた指導的人材を育成するため、複数の教員が講義や演習・研究にあたるオムニバス形式・指導体制を基礎としたカリキュラムで構成する。
  6. (2)物事の本質を洞察して研究の深化を図るとともに、強い責任感と高い倫理性をもってその研究を見つめ、それが人間や自然との共生にかなっていることを常に吟味できる力を育てるカリキュラムとする。

学位授与の方針

  1. 1.博士前期課程
  2. (1)本研究科の定める期間在学し、研究科が教育と研究の理念や目的に沿って設定した授業科目を履修して、基準となる単位数を修得し、課程を修了することが修士(生物資源科学)の学位授与の要件である。課程修了にあたっては、研究科が行う修士論文の審査及び試験に合格することが必要である。
  3. (2)生物資源科学に関する幅広く深い知識を備え、専門分野における研究能力と高度な専門性を必要とする職業を担うための優れた能力を身に付けていることを、課程修了の基準とする。
  4. 2.博士後期課程
  5. (1)本研究科の定める期間在学し、研究科の教育と研究の理念や目的に沿った研究指導を受け、かつ所定の授業科目を履修して、基準となる単位数以上を修得することとともに、所定年限内に研究科が行う博士論文の審査及び試験に合格し、課程を修了することが博士(生物資源科学)の学位授与の要件である。
  6. (2)研究者として自立して活動し、また高度な専門業務に従事するために必要な能力とその基礎となる学識を身に付けていることを、課程修了の基準とする。
サイトマップ
PAGE TOP↑