獣医学研究科

教育研究上の目的

教育研究上の目的

本研究科は、「獣医比較形態学」、「獣医比較機能学」、「獣医感染制御学」、「獣医疾病予防学」、「獣医病態制御学」、「獣医病態情報学」の6つの分野において、高度で専門的な知識、実践的な技術並びに理論感を有し、創造性豊かで国際的に貢献できる人材の養成を行なう。

入学者受入れの方針

臨床系は、主として動物病院を活用し、そこに保有するMRI、X線CT、放射線治療器など最先端の医療機器を用いて、高度の医療技術と知識を持った獣医療専門家を育成する。応用系は、動物医科学研究センターを主な教育研究の場として、感染症の診断・メカニズムの解明や疾病制御・予防に関する最新の知識の教授と高度な技術の修得によって、専門性を有した応用獣医学に貢献できる人材を育成する。基礎系においては、生命科学に関する質の高い基礎研究の指導を通して能力の高い人材を育成する。そのために、

  1. 1.動物を愛するとともに動物を科学的視点から客観的に観察することができる人
  2. 2.生命倫理を尊重し、動物愛護を行動規範とする人
  3. 3.獣医学を通じて世の中に貢献したいと考えている人
  4. 4.幅広い視野を持ち、より深く学ぶための基礎的能力を有する人
  5. 5.協調性を備え、人間性豊かな人
  6. を国内外から広く受け入れたいと願っている。

教育課程編成・実施の方針

  1. 1.本研究科は、「獣医比較形態学」「獣医比較機能学」「獣医感染制御学」「獣医疾病予防学」「獣医病態制御学」「獣医病態情報学」の6つの分野において、多様な学術的研究を背景とした基盤的かつ先端的な専門知識や技能を習得させ、また国際的に活躍できる自立した研究者の養成や各分野において必要とされる知識と技術並びにそれを統合する能力を備えた指導的人材を育成するため、複数の教員が講義や演習・研究にあたるオムニバス形式・指導体制を基礎としたカリキュラムで構成する。
  2. 2.物事の本質を洞察して研究の深化を図るとともに、強い責任感と高い倫理性をもってその研究を見つめることができ、高度の医療技術と知識を持った獣医療専門家を育てるカリキュラムとする。

学位授与の方針

  1. 1.本研究科の定める期間在学し、研究科の教育と研究の理念や目的に沿った研究指導を受け、かつ所定の授業科目を履修して、基準となる単位数以上を修得することとともに、所定年限内に研究科が行う博士論文の審査及び試験に合格し、課程を修了することが博士(獣医学)の学位授与の要件である。
  2. 2.獣医学の研究者として自立して活動し、また高度な獣医業務に従事するために必要な能力とその基礎となる学識と実践的な技術並びに倫理観を有し、創造性豊な国際的に貢献できる資質を身に付けているかどうかを、課程修了の基準とする。
サイトマップ
PAGE TOP↑