• ホーム
  • ニュース
  • > 獣医学科 浅野和之 教授が読売新聞(4月26日朝刊)「研究最前線」で紹介されました

獣医学科 浅野和之 教授が読売新聞(4月26日朝刊)「研究最前線」で紹介されました

獣医学科 浅野和之 教授が読売新聞(4月26日朝刊)「研究最前線」で紹介されました。

 

【見出し】

「犬の肝臓がん手術新手法」

「時間短縮、成功率アップ」

 

犬の死亡原因の上位に挙げられる「がん」。これまで外科手術が困難といわれておりましたが、近年、検査機器や医療機器の高度化、手術手法の確立などによって手術が可能となり、完治する道が開けてきました。そのパイオニアのひとりが獣医学科 浅野和之 教授です。

今回の特集「研究最前線」では、手術が困難といわれていたがんの一つである「肝臓がん」手術の新手法について、取り上げられております!

サイトマップ
PAGE TOP↑