• ホーム
  • ニュース
  • > 海洋生物資源科学科 間野伸宏 准教授が、日本魚病学会から研究奨励賞を受賞されました

海洋生物資源科学科 間野伸宏 准教授が、日本魚病学会から研究奨励賞を受賞されました

海洋生物資源科学科 間野伸宏 准教授が、日本魚病学会から研究奨励賞を受賞されました。

 

受賞名  日本魚病学会研究奨励賞

受賞題目 「魚病細菌の動態と宿主との相互作用に関する研究」

 

 noma

           講演をする間野伸宏 准教授

 

今回の研究奨励賞は、間野准教授が博士課程より取り組まれてきた魚類の皮膚や消化管などの粘膜組織における生体防御機構と常在細菌の関係や、養殖場や自然水域における魚病細菌の動態や魚病の発症要因に関する研究に対して送られたものです。

 

 noma2

      受賞講演の風景(平成31年3月3日 東京大学弥生講堂)

 

間野准教授は、このような成果を生かし、魚病の発生を未然に防ぐための防疫システムや魚類の自然免疫を活性化させる免疫賦活剤の研究に取り組んでいます。

 

日本魚病学会HP
http://www.fish-pathology.com/

 

水圏生物病理学研究室
http://www.msr-nihon-university.org/labs/byouri/

 

 海洋生物資源科学科ホームページ
http://www.msr-nihon-university.org/

サイトマップ
PAGE TOP↑