• ホーム
  • ニュース
  • > 生命農学科 遺伝育種科学研究室の奈島助教が共同研究した論文が園芸学会年間優秀論文賞を受賞しました! …

生命農学科 遺伝育種科学研究室の奈島助教が共同研究した論文が園芸学会年間優秀論文賞を受賞しました!

本学部 生命農学科 遺伝育種科学研究室の 奈島賢児助教が、次世代シーケンサーを活用し、アジサイの八重咲き性および手まり咲き性形質に連鎖したDNA マーカーを開発しました。 

本研究は栃木県農業試験場、宇都宮大学、農研機構と行った共同研究の成果であり、SSRマーカーによる連鎖地図も作成し、2つの形質はともに劣性の 1遺伝子座に支配されていることがわかりました。

 

members
    共同研究のメンバー(左から2人目が奈島賢児助教) 
 
次世代シーケンサーを用いた研究は、アジサイにおいて初めての成果であり、今後の品種改良に画期的な成果をもたらすことが期待されることから、園芸学会年間優秀論文賞に選ばれ3月23日に開催された園芸学会春季大会で表彰されました。
 
 nenkan450
 
         賞状を手にする奈島賢児助教 
 
The Horticulture Journal Vol.87(2):264-273
 
学会年間優秀論文賞3 
 
遺伝育種科学研究室
 
生命農学科
サイトマップ
PAGE TOP↑