• ホーム
  • ニュース
  • > 大学院応用生命科学専攻 陈 静璇 さんがJSoFF2016 YIAを受賞しました

大学院応用生命科学専攻 陈 静璇 さんがJSoFF2016 YIAを受賞しました

大学院応用生命科学専攻 陈 静璇 さんがJSoFF2016  YIAを受賞しました

 

平成28年11月19日、20日に富山国際会議場(富山市)で開催された第21回日本フードファクター学会大会(JSoFF2016)において、大学院応用生命科学専攻博士前期課程2年(生命化学科・栄養生理化学研究室所属)、陈 静璇(チン セイセン)さんがYoung Investigator Award(YIA, 若手研究者奨励賞)を受賞しました。

 

この賞は、同学会で発表する35歳以下の優れた若手研究者に授与されるものです。

陈さんは、香辛料や漢方に広く用いられているシナモンの抗糖尿病作用について明らかにしました。今日、我が国では成人男性の16%、女性の10%が糖尿病有病者です。これらの研究成果の食生活や医薬品への応用が期待されています。

 

チンさん

 

 

受賞課題:シナモン熱水抽出物はインスリンシグナルを活性化する

発表者: 陈静璇、青田彩花、島村真保子、増澤(尾﨑) 依、細野 崇、関 泰一郎

サイトマップ
PAGE TOP↑