• ホーム
  • ニュース
  • > 大学院研究生の小林諒介さんが関東森林学会学生優秀論文賞を受賞しました!

大学院研究生の小林諒介さんが関東森林学会学生優秀論文賞を受賞しました!

大学院研究生の小林 諒介(こばやし りょうすけ)さんが,10月24日(水)に行われた関東森林学会において,学生優秀論文賞を受賞しました。

 

論文題目は「人工飼料を用いたシナノナガキクイムシの飼育」

 

シナノナガキクイムシはまだほとんど研究されていない無害な昆虫で,小林さんはこの虫を人工飼育して研究することで,近縁種で害虫であるカシノナガキクイムシとの類似点や相違点を浮き彫りにし,害虫防除に役立てようと研究を進めました。

またこの虫は菌を栄養とするため,菌を同時に生息させる環境を保つなど,細やかな飼育技術を必要とします。

 

小林さんの研究は,将来性あるいは今後の発展性が期待できるものとして,学生優秀論文賞を受賞しました。

詳細画像
詳細画像

研究生 小林 涼介さん

 

 

まだ未開の領域に踏み出し,森林環境の保全に貢献する研究をされる小林さんを,今後も応援しています。

 

 

森林資源科学科ホームページへ

http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~forestry/

サイトマップ
PAGE TOP↑