• ホーム
  • ニュース
  • > くらしの生物学科「住まいと環境研究室」のゼミ活動が雑誌「おきなわいちば」に掲載されました!

くらしの生物学科「住まいと環境研究室」のゼミ活動が雑誌「おきなわいちば」に掲載されました!

住まいと環境研究室では、ゼミ活動の一環として、シークヮーサーの一大産地である名護市・屋部地区の活性化を目的とした「名護PRプロジェクト」に取り組みました。

 

このプロジェクトでは、シークヮーサーのお菓子のパッケージデザイン学部祭での販促活動、都内の銭湯でのシークヮーサーのPRのほか、女子大生目線でみた着地型観光ツアーの企画を行いました。

観光ツアーを企画するために、昨年の9月、8名のゼミ生が4泊5日で現地に入り、地域資源の視察や地元の方々の交流を行いました。

 

現地視察①

               現地視察①

 

現地視察②

               現地視察②

 

現地視察③

               現地視察③

 

現地視察④

               現地視察④

 

現地視察で得た情報に基づき、「卒業目前の女子大生が考えた ちょっと寄ったらいいことあるかも・屋部の旅」をテーマに、「ひとり旅」「彼氏と行く旅」「家族と行く旅」の3つの観光ツアーを提案しました。

そして、今年の1月末には代表の学生2名が現地で関係者の方々に、自分たちが考えた観光企画をプレゼンしました。

 sumaitokankyou

 

この度、こうした一連の活動が、沖縄で人気の雑誌「おきなわいちばvol.65」に掲載されました。

この雑誌は、「銀座わしたショップ」等のほか、以下のサイトで購入できます。是非、読んでみてください。

そして、ゼミ生達が考えた観光ツアーを参考に、是非、名護・屋部の旅を楽しんでみてください!

 

■「おきなわいちば」購入サイト

https://www.okinawa-ichiba.jp/contents.html

 

サイトマップ
PAGE TOP↑