• ホーム
  • ニュース
  • > 食品ビジネス学科の学生が考案したレシピが披露されました

食品ビジネス学科の学生が考案したレシピが披露されました

魚食文化の継承を目的とした店頭発表会がイオン葛西店で開催され、持続可能な魚(MSC認証さば)の新商品が発売されるのに合わせて、食品ビジネス学科学生が考案したレシピお披露目がありました

 

 

 お披露目会フォトセッションの様子

 

        (お披露目会フォトセッションの様子)

 

 

学科インターンシップでもお世話になっているMSC(海洋管理協議会)からの依頼で作成したレシピに基づいた料理を記者さんや一般の方にご試食いただき、魚料理をより気軽に楽しめる提案をしました

 

 一般の方に試食を提供し、質問に答える学生

        (一般の方に試食を提供し、質問に答える学生)

 

 

その様子がテレビ東京のニュースや「日経MJ」「Fuji Sankei Business i.」、「日経電子版」などに紹介され、東京オリンピックを前に、日本食や環境に配慮した漁業が注目されていることがわかります。

 

記者の質問に答える学生

                                                 (記者の質問に答える学生)

 

 

合わせて倉石真帆さんの開発したレシピ「レモン香るサバ芋デリ」による商品が、10月20日に全国のイオン50店舗で試食配布されます
お近くで見かけた際はぜひお試しください。

 

この他にも食品ビジネス学科では、食文化の継承や持続可能な食を考える様々な取り組みをしています。

 

食品ビジネス学科

http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~fbs/

 

 

参考リンク:

MSC(海洋管理協議会)日本事務所ブログ
http://msc-japan.blog.jp/archives/77272377.html

食品ビジネスインターンシップ
http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~fbs/subject/training/2017/intern/

日経電子版
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36530090W8A011C1HE6A00/

 

 

サイトマップ
PAGE TOP↑