• ホーム
  • ニュース
  • > 一般教養 古川安教授が化学史学会論文賞を受賞致しました

一般教養 古川安教授が化学史学会論文賞を受賞致しました

 一般教養の古川安教授が、平成25年7月6日に化学史学会総会で化学史学会論文賞を授与されました。
同賞は化学史の優れた研究論文に与えられます。受賞論文は「喜多源逸と京都学派の形成」で、これまでほとんど研究されていなかった京都大学工学部工業化学科の始祖、喜多源逸の生い立ちと業績、ノーベル化学賞受賞者2名を含む彼の門下生たちの活躍を掘り起こした成果が高く評価されました。

関連記事は下記の化学史学会ホームページからご覧ください。

賞の名称:化学史学会論文賞(化学史学会の雑誌『化学史研究』に掲載された過去4年間の論文中で最も優れた論文に与えられる)
受賞論文:古川安「喜多源逸と京都学派の形成」『化学史研究』第37巻(2010):1-17.
受賞者:古川安
受賞日:2013年7月6日(土)
授賞式:東京電機大学北千住キャンパスにおける化学史学会年総会

詳細画像

古川安教授
(東京電機大学・北千住キャンパスにて表彰式)

サイトマップ
PAGE TOP↑