• ホーム
  • ニュース
  • > 生物環境工学科 糸長浩司教授が「農村計画学会賞(業績)」を受賞されました

生物環境工学科 糸長浩司教授が「農村計画学会賞(業績)」を受賞されました

 平成26年4月12日に、農村計画学会大会において、本学部・生物環境工学科・糸長浩司教授が、農村計画学会賞(業績)を受賞しました。
 受賞タイトルは、「エコロジカルな農村計画をめざす先駆的研究と実践」です。糸長先生は、1986年より本学部に勤務され、一貫して農村地域の環境・景観・自然資源・地域文化を活かした持続可能な地域づくりの研究と実践を、住民や行政との協働で進めてきました。
さらに、パーマカルチャーやエコビレッジの新しい概念を日本に導入し、世界的視点から日本の農村のエコロジカルな再生、大震災からの復興研究と支援に貢献した功績で受賞されました。

詳細画像

農村計画学会賞の楯と糸長教授

詳細画像

受賞式で記念写真(研究室の学生達と)(写真:中央)

サイトマップ
PAGE TOP↑