• ホーム
  • ニュース
  • > 大学院生物資源科学研究科 生物資源生産科学専攻・岡部泰基さんが国際メタゲノムシンポジウム2019で、…

大学院生物資源科学研究科 生物資源生産科学専攻・岡部泰基さんが国際メタゲノムシンポジウム2019で、ベストポスター賞を受賞しました

大学院生物資源科学研究科 生物資源生産科学専攻 博士課程前期1年、増殖環境学研究室所属の岡部泰基さんが11月23、24日に北里大学の白金キャンパスで開催された国際メタゲノムシンポジウム2019で、ベストポスター賞を受賞しました。
 
             ベストポスター賞賞状
 
 
発表内容は下記の通りです。
受賞者:岡部泰基
所属・学年:大学院生物資源科学研究科 生物資源生産科学専攻 博士課程前期1年
題名:PUFFERFISH INGESTS TETRODOTOXIN BY FEEDING ON TOXIC EGG PLATES OF THE FLATWORM PLANOCERA MULTITENTACULATA
 
          ポスターセッション、発表内容の要約
 
 
大会:国際メタゲノムシンポジウム2019
場所:北里大学白金キャンパス
 
 
増殖環境学研究室
 
海洋生物資源学科
 
 
サイトマップ
PAGE TOP↑