デング熱の発生に伴う注意

平成26年9月2日

学生のみなさんへ

 

学生課

保健室

 

 

デング熱の発生に伴う注意

 

熱帯地方に多いデング熱に,国内での感染が確認されたと厚生労働省が発表しております。

以下のような症状が現れた場合は,医療機関で受診してください。

 

デング熱とは

原      因

デングウィルスに感染した蚊(ネッタイシマカ・ヒトスジシマカ)に刺されることによって生じる

潜  伏  期

2日~15日(多くは3~7日)

特 徴 的 な 症 状

潜伏期間の後,高熱(38~40度)・頭痛・眼窩痛・関節痛・筋肉痛・発疹などを呈します。

1週間ほどで解熱し,予後は良好な疾患です。

 

学生のみなさんは蚊に注意し,蚊が発生しそうな場所をなるべく避け,刺されないよう虫よけスプレー等で予防を心がけてください。

又,規則正しい生活と十分な睡眠と栄養を摂り,健康に十分配慮するようお願いいたします。

 

なお,疾病の詳細については厚生労働省のホームページをご覧ください。

www.mhlw.go.jp/

以 上

サイトマップ
PAGE TOP↑