• ホーム
  • ニュース
  • > 大学院生物資源科学研究科博士後期課程1年の三浦一輝さんが笹川科学研究助成に採択されました

大学院生物資源科学研究科博士後期課程1年の三浦一輝さんが笹川科学研究助成に採択されました

 

 大学院生物資源科学研究科 生物資源利用科学専攻 博士後期課程1年の三浦 一輝さんが,平成27年度笹川科学研究助成の対象者に選ばれました。

 

笹川科学研究助成とは,公益財団法人日本科学協会が実施する事業で,人文・社会科学及び自然科学に関するものを対象に,萌芽性,新規性及び独創性があり,発想や着想に意外性をもった研究に焦点をあて,科学・技術研究の発展のために支援するものです。

 

その中で,三浦さんは「精密分子プローブを用いた新規タンパク質翻訳後修飾酵素の探索と同定」という研究課題に助成を受けることとなり,その経過・成果に学内外から期待されています。

 

主な内容としては,” 細胞の健康状態をキープする,全く新しい酵素の発見 ”のための研究です。

 

 

新発見となるか!?三浦さんの今後の研究活動を応援していきます。

 

 

 

〈写真(左)が三浦 一輝さん,(右)が指導教員の生命化学科 袴田 航 准教授〉

詳細画像
サイトマップ
PAGE TOP↑