博物館企画展「うなぎプラネット」12月19日終了

●企画展「うなぎプラネット」開催報告!(12月19日終了)

    開催期間 平成27年7月1日(水)~12月19日(土)

  全118日間に計15,943名の御来館,1,728通のイラスト・メッセージを戴きました。

 

●うなぎイラスト・メッセージ募集終了

    うなぎ保護イラスト・メッセージ募集に御協力戴き,有難うございました。

  募集終了後,平成28年4月30日迄,博物館にて掲示していました。

 

●ニホンウナギ幼生「レプトセファルス:Leptocephalus」動画

   開催期間中に展示されていたウナギレプトセファルス幼生の貴重な動画です。

 

動画解説

卵から孵化したウナギ 「プレレプトセファルス」(体長3~10mm)は約十日で扁平な柳葉状の幼生 レプトセファルス(体長約40mm)に変態します。その体型と透明な体色は黒潮による長距離移動や捕食者から身を隠すのに適しています。 

北上する間に「シラスウナギ」となって日本の沿岸に到達します。河川を遡上し「クロコ」・「黄ウナギ」を経て成熟した「銀ウナギ」が再び海に戻って産卵します。

動画には、円筒形でウナギ型の「シラスウナギ」に変態した個体もいます。

 

日本大学生物資源科学部博物館

サイトマップ
PAGE TOP↑