• ホーム
  • ニュース
  • > 専門家として,本学 岩田教授のコメントが日経新聞に掲載されました。

専門家として,本学 岩田教授のコメントが日経新聞に掲載されました。

このまま放置すると日本からお花見なくなってしまうと話題の「クビアカツヤカミキリ

 

この、桜や桃の木を食べる外来カミキリが猛威を振るっている。

幼虫が幹を食い荒らして桜並木果樹園木が枯れる被害が相次ぎ、環境省は各都道府県に駆除を呼びかけるなど対策を急いでいる。

 

専門家として ,本学の 森林資源科学科 岩田隆太郎教授(木質昆虫学)の

 

クビアカツヤカミキリは他のカミキリに比べて2~3倍の卵を産むため,繁殖力が非常に強い。このまま何もしなければ20~30年後には日本から桜がなくなってしまう。拡散を防ぐためには幼虫がいる木を伐採して,燃やすか土に埋めるしかない。

 

とのコメントが,日経新聞(夕刊)平成28年9月23日に掲載されました。

 

 (日経新聞(夕刊)H28.9.23)

詳細画像
サイトマップ
PAGE TOP↑