NEWS ニュース

その他ニュース 2021.08.05

令和2年度日本大学 学生 FD CHAmmiT改善報告書について

令和3年8月5日現在

令和2年度日本大学 学生 FD CHAmmiT改善報告書について

 日本大学では,FD活動に学生の声を反映させながら教育力の向上を目指すべく,平成25年度より,16学部87学科,短期大学部4学科,通信教育部を対象に学生・教員・職員が一堂に会して学生FDや本学の教育について理解を深め,気軽な雰囲気の中で語り合う「日本大学 学生FD CHAmmiT(ちゃみっと)」を開催しております。全学規模のイベントとなっており,例年,各学部等から200名以上の参加者を得て開催しております。

 令和2年度においては,コロナ禍の影響により,オンライン(Zoom)開催となりました。新型コロナウイルスの影響でオンライン授業が主流になった現在の大学教育について,オンライン授業のメリット・デメリットやオンライン授業のミライのカタチを考え,学生・教員・職員の三者の意見をまとめたプロダクトを作成しました。また,各学部でこれからのオンライン授業を「どのようなことに生かせるのか?」や対面授業が可能になった時に「どこまでオンライン授業を扱っていくのか?」などの意見を「学部提案書」にまとめました。

 この作成された「学部提案書」に基づいて,各学部において,学生からの「改善点について」,「今後の要望について」の意見を学生・教員・職員の三者で協議した上で「改善報告書」を作成し,学修環境の改善を進めております。今後も生物資源科学部では,教育の質や改善について検討を重ね,より良い教育環境づくりに努めていきます。

・令和2年度日本大学 学生 FD CHAmmiT改善報告書(PDF)

・生物資源科学部FD活動記録はこちらから

ページトップへ戻る