• ホーム
  • ニュース
  • > 日本食肉加工情報に、日本大学生物資源科学部食品加工実習所の記事が掲載

日本食肉加工情報に、日本大学生物資源科学部食品加工実習所の記事が掲載

日本食肉加工情報 (2018年3月号 No.813)に日本大学生物資源科学部 食品加工実習所の記事が掲載されました。 食品加工実習所長の今井正直教授(食品生命学科)のコメントとあわせてご紹介させて頂きます。

 

日本食肉加工情報誌より連載記事「ひろば」への原稿依頼がありました。食肉加工の企業・研究機関等が毎号紹介されています。

この度、本学の食品加工実習所を紹介できる機会となり、80年以上に及ぶこの施設の経緯を振り返り、現在の取り組みを簡単に紹介しました。

本稿に触れる卒業生にとっては母校の施設を誇りとして思いを新たにしていただき、初めての読者の方にとって、大学として唯一のJAS認定工場としての本学の取り組みにご理解とご支援を賜る機会となれば幸いです。

 

食品加工実習所長 教授 今井正直

(食品生命学科)

 

 kiji500

   (画像は、日本食肉加工情報 = Japan meat processing journal

    :日本食肉加工協会・日本ハムソーセージ工業協同組合
    (2018年3月号 No.813)のひろばの記事です。)

 

食品加工実習所ホームページへ

 専任の技術職員が製造するハム・ベーコン・スモークチキン等お買い求めになれます

サイトマップ
PAGE TOP↑