• ホーム
  • ニュース
  • > 令和2年度後期におけるキャンパスへの入構,授業等について

令和2年度後期におけるキャンパスへの入構,授業等について

 

学生の皆さんへ

 

 後期の入構,授業について以下のようにお知らせいたします。

生物資源科学部は,皆さんの学生生活を支援してまいります。学修面で心配なことがありましたら遠慮なく学級担任や指導教員に,また,履修に関する制度的な問題は教務課に質問してください*。さらに,学生生活(健康管理支援,奨学金など)に関する内容については,学生課に連絡してください*。なお,奨学金などに関する情報は随時学部ポータルサイト(以下LiveCampus)を通じてお知らせいたします。

*(https://forms.gle/r4ykBfzsuAoPkSmS9

 

1 キャンパスへの入構等について

① キャンパスへの入構上限人数について

 生物資源科学部では,法人本部からの指導により獣医学科を除く11学科の入構上限 

学生数を1,700名とし,この入構者数を遵守するために研究室への学部学生の入室は常時8名を上限としています。また,各学科の面接授業は,くらしの生物学科では上限50名,その他の10学科では上限80名としています。

 

② キャンパスへの入構許可の基準について

 生物資源科学部で入構が許可されている学生は(1)と(2)の条件を両方とも満たす者です。

 

(1) 面接授業の受講,卒業研究等実施のために担当教員から入構を許可されていること

 (2) 朝・晩2回の検温を毎日行い,「日本大学健康観察システム」に記録していること

なお,登校の際には必ず自宅で体温を測定し,37.5℃以上もしくは平熱より0.5℃以上高い場合,あるいは体調に異常のある場合(咳,くしゃみ,息切れ,倦怠感,味覚・臭覚異常など)は,Google Formによる欠席届を提出し,登校を控えてください。(https://forms.gle/r4ykBfzsuAoPkSmS9

 

③ キャンパスへの入退構時の手続について

 入退構時には以下の手続きを行っています。

(1) 入構の際には必ず本館1階の検温システムにより体温をチェックし,学生証による記

録を行います。通学時及びキャンパス内では常時マスクを着用することとします。

(2) 退構時にも学生証による記録を行い,さらに所属,氏名,活動場所をGoogle Form

(または記録用紙)で提出します。Google FormをダウンロードするためのQRコードは本館1階の他,主要な校舎の入口に掲示しています。

 

④ 図書館,学生食堂の利用,窓口での事務取扱について

(1) 図書館の開館予定は以下のサイトでご確認ください。

http://brslib.nihon-u.ac.jp/opac/calendar/

 なお,図書館ではソーシャル・ディスタンスを確実にとることができるよう,利用可能な座席を指定しています。掲示等の指示に従って利用してください。

 

(2) 食堂の夏季営業は以下のとおりです。

【食堂棟】   月曜日~土曜日;営業時間:11時~14時

(8月8日(土)~16日(日)休み)

 

【本館ガレリア階】月曜日~金曜日 営業時間:12時~14時

(8月9日(日)~16日(日))

 

 なお,状況によって営業日等を変更することがあります。その際にはLiveCampusでご連絡いたします。また,提供する食事は弁当形式のみとなっております。食堂内では三密回避のため各テーブルの利用人数を限定しております。

 

(3) 教務課・入学センター・学生課・就職指導課の窓口事務取扱は,引き続き入構制限を行っておりますので,当面の間行いません。

なお,事務局への連絡,問い合わせは連絡用Google Form*からお願いいたします。また,入構制限を行っておりますので,在学生の各種証明書の発行申請はインターネットで受け付けます。詳細については以下のサイトでご確認ください。

在学生の各種証明書の申請手続きの簡略化及び発行手数料・郵送料の免除について(8月1日以降適用)(7月29日更新)

 

 

2 後期の授業等について

① 後期の授業実施方法

(1) 令和2年度後期の授業は9月23日(水)より開始いたします。原則,前期に引き続 きオンデマンド授業(実験・実習・演習を含む)により後期15回を実施いたします。一方,三密を徹底的に排除した条件下で実験・実習・演習科目を中心に,講義室での授業(以下面接授業という)も実施いたします。安全確保のため,面接授業を実施する科目では講義スケジュールが変則的になり,また,座席も指定いたします。詳細については,学科よりLiveCampusを通じて連絡いたします。

ただし,新型コロナウイルス感染症の状況により,当初から面接授業を実施しない可能性や学期途中で予定を変更してオンデマンド授業に移行する可能性もあります。このような状況変化に対してもLiveCampusを通じて迅速に連絡いたします。

(2) 基礎疾患や感染リスクなどの理由により面接授業に出席できない学生に対しては,個別に対応いたしますので,科目担当教員または学級担任(指導教員)に連絡用Google Formを使用して申し出てください。*

(3) 後期授業のシラバスは,後期開始1か月前を目途に学部ホームページ上で公開いたします。成績については,前期同様,後期も定期試験による評価を行わず,授業内試験(授業時間内に実施される試験),授業時間内に随時実施される小テスト,レポート,課題研究などによって総合的に評価します。

 

②オンデマンド授業について

 前期と同様,授業の動画は,時間割上の講義予定日の一週間前から前日までの間にGoogle Classroomにより配信されます。また,後期開講科目については,初回の授業開始一週間前から前日までの間に,科目担当教員からNUメールもしくはLiveCampusを通じてGoogle Classroomに招待されますので,メールを見逃さないよう十分注意してください。なお,通年科目については,前期と同じGoogle Classroomに参加してください。Google Classroom受講マニュアルは,情報ページがありますので参考にしてください。**

 本学のオンデマンド授業(90分)の基本構成等は前期と同じです。なお,授業によっては授業時間外の学修(予習・復習など)として,課題等が課されることもあります。

 

③面接授業について

 後期は実験・実習・演習科目を中心に,三密を徹底的に排除した条件において,面接授業も開始します。面接授業は,皆さんの安全を確保するために,講義室の座席定員の50%以下の人数で行います。また,講義室では,学生間の距離を確保するために着席可能な座席を指定しますので,指示に従って着席してください。面接授業における新型コロナウイルス感染防止上の注意点,面接授業の班分け,授業スケジュールなどの詳細は,LiveCampusより連絡いたします。

 

④後期履修登録の期間について

 後期の履修登録は前期同様,授業開始前に行います。日程等の詳細については,LiveCampusで確認し,指定された期間に履修登録を行ってください。

 

⑤面接授業実施に際しての学生及び教員の感染防止対策・健康管理

 面接授業の実施にあたり,学生は「日本大学健康観察システム」を用いた健康管理を確実に実施してください。同時に,教職員も検温をはじめとした健康管理を実施し,未然の感染防止に努めます。また,入構時の手指消毒の徹底,入構後の石鹸による手洗いの励行に加えて,授業開始前には,学生自身により講義室の机など,使用エリアの消毒を行ってください。さらに,授業終了後は,学部による講義室の清掃と消毒を実施します。

 学内でのGoogle Formを用いた行動記録に加えて,「厚生労働省公式アプリ:新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」を活用して,万が一の感染に備えてください。

 

 新型コロナウイルス感染症については予断を許さない状況です。今後,国や大学の方針等が変更になり,授業実施方法が変更になる場合は,学部ホームページまたはLiveCampusを通じてお知らせいたします。原則として今後もオンデマンド授業が続きます。

心身の健康に不安や悩みがある場合には,下記に相談してください。

 

   学生支援窓口   電話 0466-84-3962

   学生支援室    電話 0466-84-3832

   受付曜日・時間  月曜日~金曜日,10時~16時

 

以 上

 

 

 

*令和2年度後期各種連絡用Google Form

面接授業に出席できない場合やその他相談・質問がある場合は次の専用連絡フォームから連絡してください。

 

https://forms.gle/r4ykBfzsuAoPkSmS9

 

**学生向けオンデマンド講義の情報ページ

Google Classroom受講マニュアルが掲載されていますので,参考にしてください。

 

https://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~NUBScommon/ondemand/AppsG/index.html

サイトマップ
PAGE TOP↑